1. ホーム
  2. 産地ブログ

アスパラ産地訪問

投稿日時:2018年4月26日 10:33 木曜日
今週初め、エプロン進藤がコープこうべ川崎バイヤー、新三協 堂前社長と
アスパラの産地を訪問しました。
ハウスアスパラの出荷が続いていますが、そろそろ道内露地物の出荷も始まります。

【ホワイトアスパラ産地・サンファーム(ルスツ)】
▼サンファーム高田社長 左奥の緑色の部分は、1~2年目の育成中のアスパラです。














▼まだ昨年のアスパラの茎が残っています。
 ホワイトアスパラは、これから培土をして5月中下旬頃から収穫が始まる予定です。
















【グリーンアスパラ産地・丸巳(矢澤農園/東川町)】
今年は例年よりも早く出てきそう、収穫量も順調に取れるとよいのですが。













▼丸巳は3月末にアスパラを始め12品目でASIAGAPの認証を取得しました!






















今年は暖かい日が続いたりして、桜も例年より1週間近く早い開花です。
アスパラも早く萌芽しそうですが、暖かいかと思うと明日も急に寒さが戻ったり、
遅霜などの可能性もないわけではなく、油断はできません。

▼途中、美瑛のアスパラ畑ではもう芽を出しているところがありました!



















投稿者:MITSU

大雪を囲む会・一戸農場「はじまりました!」

投稿日時:2018年4月25日 14:41 水曜日
有機農産物を作っている「大雪を囲む会」では、春の植え付けが始まっています!
大雪を囲む会は美幌町、小清水町、清里町、北見市、滝川市、
新十津川町、中富良野町、上富良野町と道内各地にメンバーが10名おり
人参、馬鈴薯、玉葱、南瓜、ゴボウなど様々な品目を約136haの面積で有機栽培しています。


大雪を囲む会の代表も務める美幌町・一戸農場の播種作業の様子です
▼人参の種まきが一番最初に始まりました。

















▼今日、男爵薯の植え付けも始まりました!

















▼後ろには4人が種芋係として乗っています

















これからどんどんと播種作業が続きます!

投稿者:MITSU

玉葱定植始まっています!

投稿日時:2018年4月18日 13:23 水曜日
南空知玉葱出荷グループでは玉ねぎの定植作業が始まっています。
グループ内で最も早く、定植された圃場はとても順調に生育していました。
▼4/16撮影 4月5日に定植














昨日、岩見沢の定植作業の様子を動画でご覧ください。

▼移植機で苗を植える前に、畑を粗起こしし、なめらかに整地します。
 動画の左側のきれいな部分が植付の準備完了した部分です。



▼整地準備が終わったところから、移植機で苗を植えていきます。
















腰に巻いた青いバケツには苗が入っていて、移植機で苗が抜けた場所に
「補植」しています。













昨日より、一気に天候が良くなりましたので、今週を定植を始める方が多いです。
天候を見る限り順調に進みそうです。

投稿者:MITSU

今金のハウスアスパラ

投稿日時:2018年4月17日 13:35 火曜日
先週、道南のアスパラ産地JA今金をエプロン堀江が訪問しました。
今金町といえば「今金男爵」が有名ですが、
温暖な気候で、最も水質が良好な河川に17回も選ばれた
清流「後志利別川」に恵まれた、檜山管内で最大の農業の町です。

今金町のアスパラは、ハウス栽培が主体で、3月下旬から出荷が始まります。


















ハウス栽培のアスパラは、みずみずしく優しい甘さが特徴だと思います。
2Lサイズの太くて柔らかいアスパラが多く
北海道の春の味覚をいち早く3月下旬から露地が始まる5月上旬までに味わえます。

▼外はまだ寒いので、2重ハウスと中でも畦ごとに被覆して、3重に覆われています。













▼美味しいアスパラを育てるため
 有機質肥料、堆肥を毎年投入して土づくりをしています!














 JA今金では
 5月上旬まで収穫後、
 茎を伸ばして、
 立茎栽培をおこない、
 7月~8月にかけても
 出荷しています。




 





  ▼アスパラづくしを
  いただきました!
  
  ゆで、焼き、天ぷら、味噌汁
  今金男爵とアスパラのパイ
  















投稿者:MITSU

在来種たまねぎ 母球植え

投稿日時:2018年4月10日 14:3 火曜日
南空知玉葱出荷グループの坂野さんでは、本日在来種たまねぎの母球植えしました。

在来種は、種苗会社が交配してつくるF1種とは違い、
生産者が、【種取り】をして種を引き継いでいます。

▼昨年収穫した玉葱そのものを「母球」として植えて、ネギ坊主を咲かせて種を取ります。






















種を取るまで「2年」かかります。
在来種、種取りの記事は(⇒こちら)をご覧ください

投稿者:MITSU
前の月
2018年 04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30