1. ホーム
  2. 産地ブログ

長崎の玉ねぎ生育状況

投稿日時:2018年2月21日 9:15 水曜日
エプロン進藤が、先週2月15日にひぜん産直の会
【長崎県南島原市】の玉葱産地を訪問して参りました。















雪がふったものの葉の状態は弱ってはいませんでした。
抽台はいまのところみらませんが、分球は少し見られます。





















出荷に関しては寒波の影響をと雨が続く天気のため、収穫に入れていません。
昨年より7日から10日遅れで、2月末ごろから本格的に出荷できる見込みです。
サイズとしてはL、M中心になりそうです。






















▼気象庁データ旬別平均気温 口之津(長崎)、白石(佐賀)
 平年値に比べ、低温が続いています。














翌日は【佐賀県白石地区】を訪問しました…
先日からお伝えしたように、寒波で雪も降りました。
葉は良い状態ですが、生育が進んでいません。

マルチ栽培も昨年よりも遅れていて、収穫は3月下旬頃からの予定です。





















露地栽培については11月に定植したものが
ほぼ定植後からほとんど生長しておらず
今の段階では収穫時期はまだ読めない状況です。

投稿者:MITSU

産直大会に参加しました!

投稿日時:2018年2月20日 13:28 火曜日
先週、2つの産直大会にエプロン産直産地が参加しました。

『ならコープ産直大会』 2月13,14日
エプロンの産直産地は
矢澤農園(丸巳)、得地農場、ひぜん産直の会、
そして、大牧農場
が新規で追加、4産地になりました。
今回は、ひぜん産直の会から川崎直樹さんがエプロン進藤と一緒に参加しました。













交流会では、産直産地での、農業規範(生協GAP)点検について
職員の皆さんによる寸劇での報告ありました。
いつも点検にいらっしゃる沼澤さん(中央)も出演されてました。















『エフコープ産直大会』 2月17日
エプロンの産直産地は
オホーツク玉葱出荷グループ、美瑛馬鈴薯出荷グループ、JA十勝池田町
の3産地です。
今回は、美瑛馬鈴薯出荷グループから外山明美さんと斉藤幸一さんが
エプロン進藤と一緒に参加しました。

▼基調講演の後産直産地のリレートーク(7産地)













交流会では他の産直産地、生協理事、組合員の皆さんに対し、
産地の紹介、ピーアールを行いました。













美瑛馬鈴薯出荷グループ外山明美さんと斉藤幸一さんがインタビューを受けました!
後日エフコープホームページで紹介されます。













ならコープ、エフコープとも
組合員さんからも、いつも食べている産直野菜の感想を直接いただき、
また、励ましの言葉も頂戴しました。
消費者と産地の距離の近さ、密接な関係を改めて実感する会でした!

投稿者:MITSU

佐賀玉葱の生育状況2月

投稿日時:2018年2月9日 11:18 金曜日
ひぜん産直の会 川崎さんから佐賀玉葱の状況報告が届きました。

***********************************

佐賀県白石町では1月26日に越年罹病株の発生が確認されました。
それに伴い、2月9日から罹病株の引き取りがJAおよび役場で開始されます。

ひぜん産直の会メンバーの圃場では今のところ、定期的に防除も実施されており、
大きな被害には至っておりません。
▼2月1日撮影















先日もまた降雪ありましたが、午後には解ける程の降雪量であり、
2年前程酷くはありませんでした。
▼2月5日午前撮影

















ただ、週末も雪が降るようなので、まだ気の抜けないことと思います。
**********************************

ベト病への対策は県や町も連携して、
発生しても大きな被害にならない様に取組まれています。
昨年(平成29年)は、白石地区のたまねぎ作付面積は減少しましたが、
平成30年産は昨年より約1割増え、一昨年並みの面積になりそうという情報もあります。

投稿者:MITSU

社内勉強会開催しています

投稿日時:2018年2月5日 10:33 月曜日
エプロンでは、若手社員を対象とした勉強会を定期的に実施しています。

▼毎回10名程の営業、業務の社員を中心に参加。

















農薬、GAP、肥料、作物ごとの病害虫など様々な議題を取り上げて
普段の業務では知る機会の少ない分野や知っておくべきことなど
農業のことや流通にまつわる様々な知識を深めて
自分の業務に生かしてもらうために実施しています。

今後も継続的に勉強会を行っていきます。

投稿者:MITSU

美瑛馬鈴薯出荷グループ納会開催

投稿日時:2018年1月26日 12: 金曜日
今週火曜に、美瑛馬鈴薯出荷グループの納会が登別で開催されました。
グループからは5家族計11名、エプロンからは馬鈴薯担当堀江他5名が参加しました。

▼代表 外山貴司さんからのあいさつ

















2017年産馬鈴薯は、小粒傾向だったため、収量は平年よりやや少なめでした。
前年と比べて相場が悪い中でも、しっかり販売してもらえたこと
また、産直産地先である生協のバイヤーや理事の方々など多くの方々に
産地を訪問していただき、理解と支持を頂いていることで
支えられていることを実感しているとのお話でした。

たくさん食べていただきたいという思いは強く、
お客様のニーズにこたえて、味や品質の向上、特別栽培の継続、GAPへの取り組みなど
実施して自分たちのじゃがいもの価値を高めていきたいと皆アグレッシブでした!

















より良いものを作るにはまず土壌づくり
2018年は美瑛馬鈴薯出荷グループの全員がエプロンミネラル肥料「ソイルバランス」を
40㎏(10a当り)以上使用して、【ミネラル栽培】を強化します!

▼〆の挨拶は斉藤幸一さん。奥は司会の大西弘樹さん。
大西さん、寺島さんに続き、今年は斉藤さんが幸一さんから雅司さんへ代替わりされます。

















2018年は、より活気のある一年にしていきたいと思います。

投稿者:MITSU
前の月
2018年 02月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28