1. ホーム
  2. 産地ブログ

玉ねぎ状況(8.15) 北海道産とうもろこし

投稿日時:2022年8月15日 17:53 月曜日
北海道産玉ねぎの收穫が最盛期を迎えました。

南空知玉葱出荷グループ、栗山町の川合さんでは本日(8/15)より收穫作業が開始となりました。

有機栽培と特別栽培に取り組んでいる川合さんでは、まずは有機栽培の2.9ha分からの収穫を開始となりました。

▼玉ねぎ收穫の様子(動画)   栗山町、川合さん         (8/15撮影)



8月に入り降雨の日が多く、特に8月8日からの5日間は連続してトータル約100mmの降雨がありました。

収穫期間中の雨は収穫作業が遅れ、品質面に影響を及ぼすので、圃場の状態、玉ねぎの乾き具合を見ながら収穫作業を行っています。

2月11日に播種を開始して約6ヶ月、4月15日に畑に定植を行ってちょうど4ヶ月。
干ばつや強風に悩まされた年でしたが、無事に收穫を開始することができました。
有機栽培終了後は特別栽培の收穫を行い、9月中旬に全ての収穫作業が終了となる見通しです。


今回の長雨は全道的に発生し、各産地にて收穫遅れなどが発生しており、
一部では局所的な大雨となった地域もあるようです。


北海道内の玉ねぎ  各産地の状況 (8/15)












➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖スイートコーン➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

北海道産の人気野菜でもあるスイートコーン。

真狩村の生産者、横川さんでは5月26日播種を行い、8月18日からの收穫に備え、日々の品質チェックを行っています。

▼ とうもろこし畑の様子   ドローン動画撮影     (8/12 真狩村)


栽培品種は“恵味”
生育も良好で大きいもので既に400gを超えている物もありました。
收穫までの1週間でさらに大きく、甘くなっていきます。

▼ とうもろこし重量(421g)  8/12撮影 ※収獲日前















今年は8月に入ってから晴天の日が少なく、日照不足により若干色付きが遅れて生育しているのも特徴です。
残り1週間で色と味がさらにのってくれると思います。

横川さんでは8/18から收穫が始まり、9/中旬まで約13万本の收穫を予定しています。

投稿者:itoshin