1. ホーム
  2. 産地ブログ

たまねぎ定植状況と強風被害

投稿日時:2022年4月28日 15: 木曜日
北海道、穏やかな天気が続いています。
玉葱の定植が本格化した4月15日以降は、最高気温が1ケタになることなく、日によっては20℃を超える日もあり、この時期としては暖かい日が続いています。
多くの産地では例年よりも5日~7日程早く定植作業が終了しています。

各生産地の定植状況はこの様になっています。
  ・空知地方(岩見沢、栗山):4月24日頃 終了
  ・富良野地方(富良野、中富良野):4月25日頃 終了
  ・オホーツク地方(美幌、小清水):4月26日頃 概ね終了 一部地域月末終了

▼ ▼ 玉葱の様子(定植後11日目)  極早生“キタ七”   《4/27岩見沢市 坂野俊一》

















葉先の変色や下の葉が枯れたりしていますが、これは寒さや風害などではなく
定植後に必ず起きるもので、活着後は青々とした新葉が伸びてきます。

▼ 定植後の根の動き






















しっかりとした根が伸びてきており一安心です。

生産者の坂野さんは「定植作業中はほとんど降雨もなく順調に終えることができ、今は雨が欲しい状態になってきたとのこと」

7月中旬の收穫に向けて、まずは順調な滑り出しといった様子です。



ハウス野菜として代表的なミニトマトの定植作業も盛んに行われています。
今年は雪が多かったため、ハウスの除雪作業に多くの時間を費やしましたが、
平年通りの定植作業が行なうことが出来ています。

▼ 定植直後のミニトマト         

















しかし、4月27日に北海道全域に強風が吹き荒れました。
地域によっては20m/秒を超える強風により、一部ハウスの倒壊やビニールが飛ばされる被害が発生しています。

▼ 強風により倒壊したビニールハウス    《4/28撮影》























全道的な被害の全貌はまだ明らかになっていませんが、自然の持つ力を
改めて感じさせられました。

ビニールハウスの中には大切な苗や作物があるため、落ち込んでいるヒマもなく、大急ぎでハウスの修復を行います。
修復作業は約1週間ほど掛かる見通しとなっています。


投稿者:itoshin