1. ホーム
  2. 産地ブログ

JGAP更新審査が行われました!

投稿日時:2021年10月26日 9:25 火曜日
弊社ではJGAP団体認証を取得しております。

※ASIAGAP/JGAPとは、農場やJA等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。
農薬・肥料の管理など、持続可能な農業につながる多くの基準が定められています。

(※日本GAP協会HPより引用)

弊社では今のところ【玉葱】で、南空知5農場、オホーツク6農場の計11農場取得しています。また、今回の審査認証で新たにオホーツクで1農場加わる予定なので、認証後は12農場となります。
また、3カ所の農産物取扱施設での認証を取得しております。


こちらのJGAPの認証を維持するためには、「更新審査」を受ける必要があります。

そのため先日4日間かけて、今回は南空知からは1農場、オホーツクからは3農場、他加工・選果場の現地審査が行われました!
南空知からは「木下農場」が選ばれました。当日の様子を少しだけご紹介しますね!


▼ちなみに審査当日は雨あがりで、虹が綺麗に出ていました。
















では早速審査開始です!
▼まずは周辺地図を基に玉葱の圃場及び周辺環境の確認が行われます。
















圃場地図では玉葱となっていますが、現在は玉葱収穫後に播種した秋播き小麦の畑になっています。
隣の畑へのドリフト、また、川がすぐ近くに流れるので氾濫の可能性、
堆肥などによる汚染の可能性の有無について詳しく説明しました。

その後、ハウスや農業機械保管庫といった施設の確認が行われました。

▼続いて玉葱の選果場の確認です
















木下さん、玉葱の選果作業についての流れを説明しています。

▼製品置き場もしっかり整理整頓されています!

















▼各種掲示物もしっかり貼られており、リスク管理もされています。

















施設の確認後は、書類審査に移ります。

▼書類審査中の木下さん

















木下さんはGAPについて自己学習しており、審査員の方からの質問の受け答えや求められた書類や証明書の開示も非常にスムーズでした!

普段から取り組まれていることが無事に評価されました。
木下さん自身も、JGAPに取り組んだことで、整理整頓がしっかり行えるようになったことが良かったとお話をしていました。

この日の審査は計4時間程かけて、終了しました。
他、札幌と美幌町の加工選果場、同じく美幌町の仙頭さん・佃さん、小清水の佐藤さんの審査が行われました。

***

今後も非常に重要、そして安心・安全のためには必須となっていくであろうJGAP。
今後も生産者の方とエプロンの事務局とで協力して、しっかりと取り組んでいきます!


投稿者:tomo