1. ホーム
  2. 産地ブログ

大牧農場の馬鈴薯ホッカイコガネ

投稿日時:2018年5月29日 11:7 火曜日
昨年度からコープきんきの産直産地になりました【大牧農場(音更町)】
コープしが村上さんとエプロン進藤が訪問しました。

▼(左)大牧農場 宮田社長 五十川農場のホッカイコガネ畑です。















▼写真左端側は男爵(ピンク矢印方向)を右側は北海黄金(黄緑矢印方向)が
 植えられています。このように植えたものを【枕男爵】というそうです
 ※圃場の端のことを「枕(まくら)、枕地」といいます。枕で機械を旋回したりします。













早生の男爵が先に収穫できるため、収穫したあとスペースに
鉄コンや農機を置いたり作業スペースとして使えるのだそうです。

▼萌芽してきていました。

















昨年産の馬鈴薯を保管している、
自然エネルギーを有効活用した雪室貯蔵庫を見せていただきました。















▼これから出荷予定のホッカイコガネ。美味しさのってます!
 雪の適度な湿度と、温度で品質を保って保管されています。













▼雪もまだ残っていました。

投稿者:MITSU

北海道のブロッコリー

投稿日時:2018年5月29日 9:40 火曜日
【萌育実生産組合(美瑛町)】5月24日 エプロン北川訪問
今年の定植は5/14から開始しました。昨年のスタートが早かったのですが、
今年は例年と同じ時期にスタートしました。

萌育実生産組合でも、化学合成農薬、化学肥料を北海道慣行基準の
半分以下に抑えた栽培をしています。
▼萌育実生産組合5/14定植開始圃場(5月24日撮影)

















植えて間もないですが、順調です。

▼育苗中の苗(品種はこの後植えるSK-099)

















萌育実生産組合のブロッコリーは7月上旬から出荷開始予定です。

【得地農場(音更町)】コープしが様、エプロン進藤訪問
以前にもお伝えしましたが、4月末に霜にあたったため当初の収穫予定より
7日~10日程遅れで、6月下旬の収穫となりそうです。
その後の生育状態にバラつきはあるものの、今のところ順調です。

▼(左)得地勝さん 5月24日撮影 特別栽培のブロッコリー














▼遅れていますが5/14の訪問時よりだいぶ大きくなりました。
品種はピクセルです。

投稿者:MITSU
前の月
2018年 05月
次の月
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31