1. ホーム
  2. 産地ブログ

三つ葉出荷最盛期!

投稿日時:2017年12月28日 10:1 木曜日
年末になり、三つ葉の出荷が最盛期を迎えています。
毎年恒例になったエプロン若手社員の三つ葉選果研修、
今年は松本、戸田、佐々木の3名が研修をさせていただきました。

















6町分の三つ葉を約1週間ほどでほとんどの量を出荷するため、
この時期はパートさんが増員され、合計300人が三つ葉にかかりきりになります。
ですが、近年は人手不足が続いており人員確保が難しく、
昨年よりも約50名ほど少ない人数で回しています。(昨年は約350名)

以下、出荷までの様子を順を追って紹介します。


▼収穫 三つ葉刈取り

















▼成長した三つ葉を慣れた手つきで収穫(⇒二週間前はこんなでした

















▼洗い・粗選別工程

















▼東川の名物である大雪山の天然水(冷たい地下水)で洗浄します















▼洗浄を終えた三つ葉は選果場に運ばれ、1g単位まで正確に測り小分け















 

エプロン社員が担当させていただいたのは検品作業です。
▼左から松本、佐々木 
 お客様に届ける前の最後の目になりますので見逃しがないよう真剣です  

















▼検品基準に従って、このような変色や若葉、節ありなどが入っていたらはじきます。








はじかれたパックも再パックされ、
1本も無駄にしない様に、大事に取扱いされています。

▼エプロン 戸田

















▼氷詰めした発泡スチロールの箱に入れて、鮮度を保って輸送されます。

















▼行先ごとにテープの色を変えています。


















お客様が「丸巳の三つ葉」を待ってくれているので、
注文に応えられるようなるべく急いで、でも雑にならない様に、
収穫した三つ葉を1本も無駄にせず最大限に出荷できるよう一人一人が
がんばっています。
















水耕栽培の三つ葉と違い、6月から12月にかけて約半年かけて出荷される「軟白みつば」は
掘り取りや伏せ込みなど非常に手間がかかっています。
白くて柔らかい茎と香りが軟白三つ葉の特徴です。

一年の締めにまた、一年の始まりに新春の香りを感じる軟白みつばをお楽しみください。

弊社は明日が仕事納め、本日が年内最後の産地ブログです。
皆さま良いお年をお迎えください!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 12月
次の月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31