1. ホーム
  2. 産地ブログ

JGAP更新審査が行われました!

投稿日時:2021年10月26日 9:25 火曜日
弊社ではJGAP団体認証を取得しております。

※ASIAGAP/JGAPとは、農場やJA等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。
農薬・肥料の管理など、持続可能な農業につながる多くの基準が定められています。

(※日本GAP協会HPより引用)

弊社では今のところ【玉葱】で、南空知5農場、オホーツク6農場の計11農場取得しています。また、今回の審査認証で新たにオホーツクで1農場加わる予定なので、認証後は12農場となります。
また、3カ所の農産物取扱施設での認証を取得しております。


こちらのJGAPの認証を維持するためには、「更新審査」を受ける必要があります。

そのため先日4日間かけて、今回は南空知からは1農場、オホーツクからは3農場、他加工・選果場の現地審査が行われました!
南空知からは「木下農場」が選ばれました。当日の様子を少しだけご紹介しますね!


▼ちなみに審査当日は雨あがりで、虹が綺麗に出ていました。
















では早速審査開始です!
▼まずは周辺地図を基に玉葱の圃場及び周辺環境の確認が行われます。
















圃場地図では玉葱となっていますが、現在は玉葱収穫後に播種した秋播き小麦の畑になっています。
隣の畑へのドリフト、また、川がすぐ近くに流れるので氾濫の可能性、
堆肥などによる汚染の可能性の有無について詳しく説明しました。

その後、ハウスや農業機械保管庫といった施設の確認が行われました。

▼続いて玉葱の選果場の確認です
















木下さん、玉葱の選果作業についての流れを説明しています。

▼製品置き場もしっかり整理整頓されています!

















▼各種掲示物もしっかり貼られており、リスク管理もされています。

















施設の確認後は、書類審査に移ります。

▼書類審査中の木下さん

















木下さんはGAPについて自己学習しており、審査員の方からの質問の受け答えや求められた書類や証明書の開示も非常にスムーズでした!

普段から取り組まれていることが無事に評価されました。
木下さん自身も、JGAPに取り組んだことで、整理整頓がしっかり行えるようになったことが良かったとお話をしていました。

この日の審査は計4時間程かけて、終了しました。
他、札幌と美幌町の加工選果場、同じく美幌町の仙頭さん・佃さん、小清水の佐藤さんの審査が行われました。

***

今後も非常に重要、そして安心・安全のためには必須となっていくであろうJGAP。
今後も生産者の方とエプロンの事務局とで協力して、しっかりと取り組んでいきます!


投稿者:tomo

JGAP団体認証【たまねぎ】近況

投稿日時:2019年12月10日 12:5 火曜日
北海道の玉葱は作柄も良く順調に収穫作業も終わり、
各々の産地での倉入れも終了しまして、当社で取扱いしている玉葱についても
同様に一段落しました!

当社のJGAPの団体認証では全道で計12名の生産者がおりますが、
取扱量では約6,000tの【JGAP玉葱】となって販売されています。

産地は、2月中旬頃からの農作業に始まり、最近の倉入れが終了して、
大方の農作業が終了しました。
生産者の皆さま、今シーズンも大変お疲れ様でした!

▼収穫された玉葱もきれいに積まれています。













さて、JGAPエプロン団体認証の生産者は、認証3シーズン目へ向かうべく、
もう一つの大仕事である内部監査を実施しています。

内部監査では、農場管理・帳票管理等がJGAP管理点に適合しているか、
エプロン団体ルールを遵守しているか等を確認・是正します。


▼帳票類もきれいに管理しています。













初年度は、生産者・エプロンと双方に戸惑いながら実践してきましたが、
その都度、情報を共有し打ち合わせを重ねてきました。

現在では、GAPの目的・主旨を充分に理解して適正な農場管理によるリスク評価・対策が実践されています。

GAPの実践により、栽培履歴等がしっかりと管理され適正な農場管理が行われ、
それにより安心・安全であり信頼された青果物が生産されます。


▼農場内の掲示物もしっかりと見やすい場所に掲示されています。


12月中旬までに、北海道内の生産者・選果場の内部監査を完了させ、
来年3月末のJGAP団体認証の更新審査へと進んでいきます。

投稿者:murata

JGAP団体認証取得しました

投稿日時:2018年7月12日 14:15 木曜日
このたび株式会社エプロンでJGAP団体認証を取得しました。

▼3月下旬に審査を受けて待っておりました……ようやく昨日認証の知らせが届きました。

 エプロンとして取得し
 品目は今のところ玉葱のみ
 11農場、3カ所の農産物取扱施設

 での認証です。
 

 南空知5農場、
 オホーツク6農場の計11農場です。
 (うち特別栽培生産者が5軒)
 






▼JGAP団体認証 生産者の方々(全員ではありませんが…)

















6月下旬にはエプロン主催のJGAP勉強会を美幌町で開催しました。
南空知、オホーツクの団体構成農場や農産物取扱施設の方々に加え
今後認証を検討されている方も含め、21名にご参加いただきました。

















審査を終えてJGAPのルールの確認
衛生管理、労働安全、食品安全、リスク評価、トレーサビリティなどについて
基本的な部分からあらためて勉強しました。
また全道から集まった生産者の懇親会は、交流を深める貴重な機会となりました。

オホーツク以外からの生産者は、翌日美幌町、足寄町の視察も実施しました。

▼美幌町の直播たまねぎ圃場の視察 (6/22撮影)
 南空知では直播はないので、様々な質問が飛び交っていました。


















▼被覆管理をしっかりされていることで発芽も揃っていて順調な生育でした。
 (6/22撮影)


















▼今回JGAP団体認証の農産物取扱施設として認証された美幌の選果場を見学しました。
 といっても、この時期は選果作業はありません。

















▼生産者の元へお返しする、鉄コンテナの修理中でした。(6/22撮影)

















▼つづいて、足寄町の玉ねぎ圃場を見学しました。(6/22撮影)


















また土質や圃場の大きさなどが違う産地で、
オホーツクや十勝の様な、大型機械を駆使して栽培を行いながらも
高い技術力で高収量を維持していることや、直播ながら生育を揃える技術を目の当たりにし、
有意義な視察になったのではないでしょうか。

今年度が認証後初の出荷になりますので、身を引き締めてGAPに取り組み
今後もより良い農場、団体の運営を目指してまいります!

投稿者:MITSU