1. ホーム
  2. 産地ブログ

JGAP✕SDGs:玉葱  フルーツトマト收穫開始 南瓜定植開始

投稿日時:2022年6月1日 14:15 水曜日
株式会社エプロンとして取得しているJGAP団体認証の更新審査が行われました。

JGAPとは農場やJA等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。
農薬・肥料の管理など、持続可能な農業につながる多くの基準が定められています。

エプロンでは北海道内のたまねぎ生産者12名、共選選果場2ヶ所を含めた団体認証を受けており2021年産では8,140tの生産実績があります。
2022年の計画では約180haの栽培面積と10,000tの生産計画となっています。


近年よく耳にするSDGs(持続的な開発目標)17の目標の内、JGAPでは13に密接な関わりがあり注目されています。
















審査では食品安全、労働安全に対してのリスクとその対策を中心に、機械整備状況、農薬保管状況など様々な確認が行われました。

▼ GAP管理されている農場の様子















一方、圃場での玉葱生育状況はと言いますと、5/27より全道的に降雨があり恵みの雨となりました。
もう少し雨が欲しいとの声も一部生産者より聞こえてきますが、まずは一安心。
これから一気に生育することに期待です。 

▼ 美幌町 佃徹さん 品種:バレットベア(草丈30cm) 定植:4/21   撮影:5/27



















 
   ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖フルーツトマト➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

高食味で高い評価を受けている空知高糖度トマト出荷組合(五十嵐さん、清野さん)のフルーツトマト初出荷を迎えました。

美唄市の五十嵐さんでは例年通りの4/23より定植が随時行われ、今年は晴天にも恵まれる日が多く、糖度の揃ったフルーツトマトが5/25から收穫開始されています。

▼收穫適期を迎えたフルーツトマト(5/25撮影)
















実際に糖度を計測してみると、糖度9度!

▼ 糖度9度のフルーツトマト   (5/25撮影 五十嵐盛朗さん)



















当生産者では糖度8度以上を“特選”という最上級のグレードとして出荷しており
收穫初期より“特選”が多く收穫出来ているとのこと。

收穫は7月下旬にピークを迎え、11月上旬まで行われ、シーズンで約80tの生産予定となっています。
 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖ 南 瓜 ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

コチラも食味が売りの南瓜生産者、新得町のワカハラ農場では南瓜の定植作業が始まりました。

ワカハラ農場では約12haの南瓜の栽培を行っていますが、その定植や播種作業は全て手作業で行っています。


▼定植の様子     (5/25ワカハラ農場)




苗を専用の移植筒で圃場へ差し込み、土を寄せて定植作業を行います。

この日の作業は2haほど、約10,000本の苗を定植しました。

天候の様子を見ながら定植、播種を行い9月收穫に向けて防除などの管理作業を行います。

貯蔵品種である蔵の匠の作付が6割以上を占めるワカハラ農場では10月の出荷から冬至まで高品質な南瓜にこだわり出荷を行います。



投稿者:itoshin

冬期間の産地「宮崎」のご紹介

投稿日時:2021年12月25日 9:10 土曜日
今回はエプロンの冬期間の産地、宮崎の産地をご紹介いたします。

まずは【JA日向】です。
今までのブログでも何度かお伝えしていますが、JA日向は冬期間のエプロンのトマト産地です。
糖度8度UPの「ひゅうが小町」というフルーツトマトを作っています。

▼フルーツトマトのハウスの様子 12.2撮影
























▼糖度別(7度、8度、9度)のフルーツトマト(とれたて!)を試食させていただきました!














糖度に差はあれど、皮も薄く食べやすく、大変おいしいトマトです♪

▼続いてはミニトマトのハウスの様子 12.3撮影
















フルーツトマトの他ミニトマトも作っていますが、ミニトマトには珍しく最新鋭の糖度センサーを導入しており、2019年には最先端の選果場も整備されています。そのため糖度をうたっての販売も可能です。
詳しい産地説明はこちら

続いては【JA西都】です。

▼カラーピーマンを作っています。
























JA西都は、
夏~秋の間→西米良村
冬~春の間→西都市というように1年間を通してカラーピーマンを栽培している全国的にも珍しい産地なんですよ。

また、今の時期はまだ出荷時期ではないのですが、5月から7月にかけては
完熟マンゴーを出荷しています。



















こちらもJA西都の名物!絶品ですよ。

また、ラストは弊社では珍しい胡瓜の話題です。
宮崎県は胡瓜の全国の収穫量一位の県なんですよ。

▼今回ご紹介するのは宮崎県宮崎市の【細川農園】です

























▼ブルーム胡瓜のため、一般的な胡瓜に比べるとうっすら白いですね。



















そもそも、ブルームとは、胡瓜などの果皮表面に生じる白い粉、蝋状の物質=ブルームのことです。
南瓜にもよくみられるものです。
ブルーム自体は胡瓜自身が雨から自身を守ったり、水分の蒸発を防ごうと自身から分泌される自然的なものですが、この白い粉が汚れや農薬のように見えるとのことから、近年では品種改良が行われ、ブルームレス胡瓜が市場で一般化されました。


しかし、細川農園ではその美味しさをお届けしたいという思いから、今となっては珍しい「ブルーム胡瓜」にこだわり、作り続けています。

ブルーム胡瓜は、そのみずみずしさ、歯切れのよさは一度食べると、みんな虜になってしまうぐらい食味が良いのです。
胡瓜嫌いの小さな子供も食べてしまうほど。
皮が薄いため、浸透率が高いので浅漬けなどにもオススメです!

細川農園はグローバルGAPも取得している農場です。

5月頃まで出荷がありますので、ぜひご賞味ください♪

投稿者:tomo

仁木町果菜研究会の反省会が行われました。

投稿日時:2021年11月29日 9:44 月曜日


6月下旬から出荷を開始していた、
仁木町果菜研究会のミニトマトの出荷がほぼほぼ終わりましたので、
11/19(金)に反省会が行われました!



▼仁木町果菜研究会の皆さん


















仁木町果菜研究会では、その名の通りミニトマトの食味、土づくりに対しての研究を日々行っており、メンバー内で切磋琢磨しあっています。

また、安心・安全なミニトマトを提供するため特別栽培へ取り組んでいます。
品種も、通常のミニトマトの他、小鈴、アイコ、トマトベリー、カラーミニトマトといった様々な品種を作られています。
味も甘くておいしいと評判です。

▼作られているトマトベリー。ハートのような、苺の形をした可愛らしく甘みのあるミニトマトです。


















今年の産地状況としては、夏場の高温により、花が落ちて収量が思うようにあがらず、
終わりも例年の2週間程早く切りあがりました。
そんな中でも最後まで頑張って出荷してくださった生産者の皆さんに感謝です!


ちなみに、北海道のミニトマトとしては大変珍しいのですが、
メンバーのひとり、大久保さんのアイコトマトはなんとまだこの時期にもハウスで栽培しており、11月末まで出荷をしているんですよ~!

▼11/19撮影 大久保さんのアイコトマトのハウスの様子


















***

さて、弊社取り扱いのミニトマトは、北海道産から切り替わり、
宮崎県のJA日向特別栽培では熊本の肥後農産から出荷をしていただいています。

どちらもこだわりの詰まったミニトマトです!ぜひ一度ご賞味くださいね。

投稿者:tomo

30年以上作り続けられているミニトマト

投稿日時:2021年10月8日 13:49 金曜日
段々と冷たい風がふくようになってきましたね。
やっと北海道らしい気候になってきて少しほっとしています。
さて、今回はミニトマトのブログです!

















出荷シーズンは全く異なりますが、
トマト(ミニトマト)含む全国の生産量の順位としては、
1位が大きく差をつけ熊本県2位が北海道 となっています。

北海道産のシーズンはおおよそ5月始め頃~10月末頃で、
おおよそ熊本産が9月末頃~7月頃まで続いていきます。

もう10月に入っているので、今年の熊本産が少しずつ始まってきているのですが、
北海道が干ばつのころに九州は大雨に見舞われ、生育に影響が出ており、
出荷数量・相場共に中々厳しい状況からのスタートとなりました。

さて、現在の北海道の産地の様子です。

新十津川町 中川農園代表の中川さんです。
















以前のブログで初めてご紹介させていただきました。中川さん、素敵な笑顔です♪
特別栽培のミニトマト(品種:キャロルスター)を作られています。
今年を振り返り、やはり今年の天候は今までに経験がないものでした、
とお話してくださいました。

産地状況としては、干ばつ高温の影響で中断の花が落ちて実がつかなかった分、
シーズン終盤のこの時期に上の段に小さな実がたくさんついている状態です。
このような実の付き方は例年にはないそうです。


▼ミニトマトのハウス















▼ほとんどSなので、中々収量が上がらず、また、気温が低いことから色ものりづらい状況です…。
















しかし、そんな厳しい状況下でも、中川さんのミニトマトには甘みがあるんです!

その秘訣は生育中のミニトマトの水分調節です
ミニトマトは潅水チューブで水をあげているんですが、定植以降は基本的に
シーズン1~2回しかあげていないそうです!(多い時でも3~5回程度)。
というのは、水を多くあげてしまうと根が土に深く張るのをやめてしまうから。
中川さんは、木の状態をよくみながら、とにかく「根」をしっかり土に張らせることで、土壌中(地下水)の水分をしっかり吸わせているそうです。

こうした「水を与えすぎない」「ミニトマトを甘やかさない」
そんなこだわりのミニトマト作りを、お父様の代から30年以上続けています。

元々米作りが盛んな新十津川町で、トマト類の作付けがまだあまり盛んではない頃からミニトマト作りを始められたそうです。

そんな中川さんの歴史あるミニトマト、ぜひご賞味くださいね。
ちなみに、中川さんの奥様のお勧めのレシピは、トマトソースにすることだそうです!
少し手間はかかりますが、うま味がすごくでるそうです。私もぜひ作ってみたいと思います!

シーズン終了までもう少しですが、最後までよろしくお願いいたします。

投稿者:tomo

有機野菜の産地状況

投稿日時:2021年7月21日 10:42 水曜日
今回、お伝えするのは有機野菜の各産地の生育状況です。

まずは、美幌の一戸農場から。














左から一戸義則(よしのり)代表、一戸 宏公(ひろひと)さん、充仁(まさひと)さんです!
















皆さん眩しい笑顔です!

さて、気になる生育状況ですが、5月前半の低温(なんと5月1日~4日の平均気温は3.4℃!)で
作業が思うように進まなかったこと、
そしてなんといってもこちらも先日お伝えした美瑛同様、

6月から7月にかけて雨がほとんど降っておりません…。


※北海道全体の現在の天候状況、及びその影響については
この次にアップするブログでお伝えします。


雨が降っていないことで、一戸さんがメインで作られている人参はどうなっているのでしょうか?
圃場を見に行きました。

▼7.23 撮影 有機人参圃場 
















5月上旬に播種をした人参の圃場です。品種は晩抽天翔(ばんちゅうてんしょう)という品種です。



現在までの生育をみるために、掘っていただきましたが、
雨がないことで、やはり中々肥大が進んでいません…。

一戸さんが手に持っている人参をみると、
太くならず、細長くなっているのがわかりますね。

細長くなるのは人参が水分を求めて根を伸ばすためです。





現在のサイズはおよそM~Sサイズ。
本来であれば8月上旬に収穫予定ですが、
まだもう少し土の中に置いておきたいところです。

まだ、今は小さいですが、一戸さんの人参は
生で食べても甘くて美味しいと大好評!



***

こちらでも何度もご紹介していますが、一戸さんは大雪を囲む会という有機野菜の出荷グループの代表です。

有機人参の企画が8月2週から開始となりますが、
「大雪を囲む会」全体としては上富良野・中富良野の産地の生育が
順調に進んでいる為、今のところ予定通り出荷できる予定です。
このようにグループで助け合い、有機野菜の出荷に取り組んでいます!


そして、一戸さんが最も力を入れているのが、
一戸農場の土づくりの【いのち】といえる自家製堆肥です。

▼60℃以上の高温で発酵中の堆肥














70度に上がると積み上げた堆肥の上下をショベル2台で切り返しするのを繰り返して、
しっかり完熟して安全な堆肥を使っています。



▼堆肥には牛糞を7割程度使っているのですが、実際に手に取ってみても、
しっかりと完熟しているためにおいはありません。



化学合成農薬・化学肥料は一切使用していない有機栽培では、
すべての基本は土づくりだと考えます。
栄養バランスの取れた土で育ち、的確な肥培管理をされた作物は病気にも強く、害虫も寄せ付けません。

そして、土づくりの基本となるのがこちらの好気性菌で発酵した良質な堆肥です。






今年のような雨が少ない年とは対照的に、
数年前に台風で畑に雨がたまってしまった年もありましたが、
その時も畑自体の土は水分でべたつかず、フカフカとしており、毎年、自家製堆肥や有機質で畑からいただいた分の養分をしっかりと戻して
微生物環境を作る土づくりをしている効果がしっかりでていました。


以前、「“回復力のある土”を作っているから多少の遅れや、水不足はなんてことないよ」と一戸さんはおっしゃっていました。
回復力のある土で、今年の雨不足もなんとかカバーしていきたいですね。


--------------------------------


もうひとつ、有機といえば、
有機トマトの生産者の雨竜町の川越農場 川越さん!






























川越さんでは、7月初めから有機トマトを出荷しています!

有機栽培ですので、化学肥料・化学農薬は使わず、
堆肥とグアノ(海鳥の堆積糞を使用した天然りん酸肥料)だけで育てています。

そんなミネラル豊富な土が、太陽と水の力を借りて、
トマトをはじめ、茎や葉の硝酸態窒素をアミノ酸に変えてくれるため、
トマト本来の甘味・旨味を感じることができるそうです。

また、有機栽培のため、葉っぱにつく病気等は全て手作業で丁寧に切っています!

この作業がものすごい労力ですが、
「安心で美味しいものを届けたい」そんな強い思いをもって、
川越さんは日々真摯に栽培をしています。



そんな川越農場のトマトの生育状況としては、
7月上旬までは曇天が続いており、
中々トマトに色がつかず、苦労しましたが、
今週からは少しずつ収量が増えてきて、徐々にピークを迎える予定です。

トマトの実の肥大と、そして色づくためには、
太陽光と積算温度が不可欠です。


各地、望む天候はそれぞれですが、
適切な天候になることを祈るばかりです。

投稿者:tomo