1. ホーム
  2. 産地ブログ

産直点検を実施~函館・松倉さん~

投稿日時:2017年12月21日 13:3 木曜日
先週、函館の松倉さんでバイヤーによる産直点検を実施しました。

▼12月3週から、雪の下貯蔵大根の出荷が始まっています。
















▼点検は日生協の適正農業規範 生産者編を実施。
 今後は産直点検も息子さんに引き継いでいく予定です。



















▼11月上旬にイケ終わった大根の畑。今はすっかり雪の下でした


















昨年より株間を広げて栽培をしたことに加え、
エプロンのミネラル肥料(ソイルバランス)の効果もあり
1本当りの肥大がよかったり、また選果作業でもロスが少ないそうです。

雪ノ下大根の出荷は1月下旬までの予定です。
北海道の寒さの中で、甘味とみずみずしさをギュッととじこめた大根は
今が旬の美味しさです!

投稿者:MITSU

松倉さんの大根、イケ終わりました!

投稿日時:2017年11月14日 10:4 火曜日
先週、エプロン伊藤が函館の松倉さんに生協GAP(適正農業規範)の
二者点検に行ってきました。
点検を重ねることで必要な情報や書類がまとまってきており
前回の指摘事項もしっかりと改善されていました。

松倉さんでは、貯蔵大根(雪の下大根)を作っています。
土の下で貯蔵された大根はみずみずしく甘いのが特徴です。


















11月上旬に掘り取りながら、土の下に「イケる」作業を行いました。
今年は11月8日にイケ終わりました。
▼松倉さんご家族

















播種はお盆明け8月16日~から始まりました。
▼10月中旬の様子。試しに抜いてみるとLクラスのサイズでした。


















昨年は台風の影響で思うように成育が進まずサイズがM中心でしたが、
今年は株間を広めにとって、肥大が良好でL~2Lが中心サイズに育ちました。

▼前半に出荷する予定の部分は土が少なめに盛られています。

















▼後半に出荷予定の場所はこんもりと盛られていました。この下に大根が寝ています。
今年から貯蔵場所の横にサブソイラーで溝を掘り(緑の矢印)排水対策を行っています。


















今年は圃場でいける時にも、ほとんどロスが出なかったので
作業もとてもスムーズだったということです。
松倉さんの大根は、エプロンのミネラル肥料「ソイルバランス」を継続して使用しています。
肥大性やサイズの揃い、正品率の高さなどミネラルの効果が出てきている様でした。
松倉さんの貯蔵大根は12月2週からの出荷開始予定です。

投稿者:MITSU

函館の“雪の下貯蔵大根” 

投稿日時:2017年2月16日 9:45 木曜日
サンファームに続き、先週末
函館の雪の下貯蔵大根の生産者松倉貞義さんを
エプロン堀江、前田、伊藤が訪問しました。

▼もともと函館は雪深くありませんが、
 今年2月上旬の最深積雪は24cmで、平年より10cm以上少ない状況でした。

















▼松倉さん親子
 後ろの畑の土の中に大根がイケられています(「イケる」について詳しくは⇒こちら


















▼生協の適正農業規範【生産者編GAP】の二者点検をエプロン伊藤とともに行いました。


















今年は8月下旬に播種をして、台風が来る前までは順調でしたが、
台風後は日照不足などで思うように生育が進みませんでした。
台風で瞬間最大風速約35mの強風が吹いたので、ゆさぶられて根が切れた
可能性も考えられます。
10月中旬に圃場を確認した時も、例年なら畦が見えないほど葉が茂っているのですが、
今年は隙間が見える状態でした。

 例年は11月始めには収穫して11月10日頃土の中にいけるのですが
今年は少しでも大きくなるようギリギリまで成長を待ちましたが、
M中心のサイズで、平年より小ぶりの大根が多いです。

















今年の大根はサイズは小さいのですが、
掘り出してみたら肌ツヤが良く、腐れが少ないのです。
エプロンで大々的に取り組んでいるミネラル肥料を松倉さんでも今年から施用していて
それが品質に良い影響を与えたのではと考えられます。

















雪の下貯蔵大根の出荷は三月上旬までです。
小ぶりではありますが、みずみずしさはいつもの通り。
とてもおいしい状態です!

投稿者:mitsu

函館の貯蔵大根

投稿日時:2015年12月1日 9:49 火曜日
先週、12月中旬から「大根」の出荷が始まる
函館の松倉貞義さんをエプロン堀江、門真が訪問しました。

▼大根の畑を見に行くと…大根の葉らしきものは見当たらず、土があるだけです。
(生産者の松倉貞義さん)

















▼「大根はあそこにあるよ」松倉さんの指さすところはこんもり土が盛られています。
















大根は、一度手で抜き並べてその上に土をかけ
「イケて」保存されています。(イケる作業は⇒こちらをご覧ください。)
手間暇、労力の大変かかる方法ではありますが、
大根のみずみずしさがいかされる昔ながらの貯蔵方法なのです。
10月下旬~11月上旬にこのように土の中にイケてしまいます。

















土の上には雪も積もりますが、大根は凍らずみずみずしさを保って保存され、
出荷の時は寒さにまけず、土の中から掘り出されます。
(出荷までの作業は⇒こちらをご覧ください。)

▼貯蔵前に出荷する大根を洗っていました。
今年の大根は昨年より肌もきれいで、収量も有り良い作柄だそうです。















貯蔵大根もこのようにぴかぴかに
1本1本、人の手で真っ白に磨き上げられて出荷されます。

















貯蔵大根は12月中旬から1月いっぱいの出荷を予定しています!

投稿者:mitsu

もうすぐ貯蔵大根の季節です!

投稿日時:2014年11月21日 16:33 金曜日
もう今年も残すこと あと一か月ちょっと…もうすぐ12月ですね。
そして12月といえば、シュワッとあまーい貯蔵大根の時期ですね!
先週、貯蔵大根の生産者 松倉貞義さんを訪問しました。

昨年の12月の訪問時は、ちょうど収穫の真っ最中でしたが、
圃場がぬかるみ、作業する方の足や手が泥だらけになっており
収穫がとても大変そうだったことが記憶に新しいです。

▼昨年の収穫の様子

















さて、今年の大根は昨年より1週間程早い8月20日過ぎに定植が始まり、
収穫は10月27日から始まりました。
収穫と「いける」作業を並行して行い、11月3日には 「いける」作業を
終えることができました。
※雪・土の下に、野菜を保存することを「いける」といいます。
詳しくは⇒こちら

今年はいける前の大根が寒波で傷むことがなかったため生育は順調でした!
ただ、播種後に雨が降りその後の晴天で土が硬くしまった為、
根が細く先がとがったものがあるそうですが品質に問題はありません。
いける作業は5~6人で行い一日3反程の面積を進めることができるそうです。
時には夜までかかる時もあり、その場合はライトで照らしながらの作業を行います。

▼松倉貞義さんと大根の圃場

















左側の盛り上がったところに大根が眠っています。

ブログでも何度もお伝えしているように、
いける作業も収穫作業もとても重労働で手間のかかる作業です。

これだけの重労働をこなしても「貯蔵大根」を作るのは、
地域の貯蔵野菜の伝統をまもり、
皆様に より美味しい大根を食べてもらいたい!
という
松倉さんの熱い思いがあるからです。

貯蔵することで大根の甘みが増しておいしくなる!
いけ大根の「ツユがうまいんだ!」と松倉さんは語ります。

お届けは12月中旬頃から始まりますのでぜひご賞味ください!

投稿者:tomo
前の月
2018年 02月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28