1. ホーム
  2. 産地ブログ

生協産直点検(オホーツク玉葱、美瑛馬鈴薯、JA十勝池田)

投稿日時:2018年6月14日 10:30 木曜日
先週、生協の産直産直点検が各地で行われました。

オホーツク玉葱出荷グループ 
6月6日 コープデリ、コープ九州 2生協の合同点検を実施しました。

















今年の生産者編適正農業規範(生協GAP)点検は、美幌町の仙頭さんです。
▼仙頭佳斉さん(左) コープ九州本田さん(中) コープデリ飯田さん


















GAPの必要性を感じ、息子の慶斉さんが今年JGAP指導員資格を取得され
倉庫内・農薬庫内は整理整頓がされており、素晴らしい管理がされていました。

















団体編では、エプロンが事務局として点検を受けました。


美瑛馬鈴薯出荷グループ
6月7日コープ九州の産直点検を実施しました。
今年の生産者編適正農業規範(生協GAP)点検は、美瑛町の大西さんです。

















農場管理、帳票管理が日頃よりされており、とてもスムーズに点検を実施できました。
来年度の点検者寺島さん夫婦が見学されて、来年の予習をしました。

▼培土も完了し順調に生育しているばれいしょ 6月7日撮影

















ところが、先日6月12日に大雨が降り…(美瑛町は降水量72mm)
美瑛の傾斜地に、短時間で一気に雨が降ったことで、川のようになってしまいました。
▼雨で流れた圃場 6月12日撮影

















もう、芋を倒してしまう可能性も有るので機械で培土は入れないので
土が乾いてから手作業でやるかどうか検討しているそうです…。


JA十勝池田町
6月8日コープ九州の産直点検を実施しました。

コープ九州の産直点検は今年で3回目、帳票類が整備されていて、
管理状況も改善が重ねられています。

▼JA十勝池田町 秋野課長(奥)


















▼インカのめざめの圃場です















北海道の農業シーズンが到来し、生協各産直産地では
続々と適正農業規範(生協GAP)による産直点検が実施されており
(各地でブログに掲載しきれていないものもあり)
これからも予定が入っております。
毎年継続して点検を行うことで、農場やグループの実態を確認し
改善を重ねてより良い運営をめざしております。

投稿者:MITSU

コープ九州産直点検実施しました【JA十勝池田町】

投稿日時:2017年5月29日 13:4 月曜日
先週5月25日 JA十勝池田町(馬鈴薯)において
コープ九州産直点検を実施しました。エプロンからは伊藤、進藤が参加。

昨年より馬鈴薯(インカ・メークイン)でコープ九州の産直産地となり、
今回は2年目の点検でした。

▼コープ九州本田さん(左)とJA十勝池田町 秋野課長(右)
 関係する書類一式が机上にそろえてられていました!


















GAPに対しての理解度も高まり、書類整備も含めて
前年より飛躍的に改善されていました。


















 選果場内の隅に作業場所があり、
 昨年より大幅に改善され整理整頓が 
 行き届いていました。
 (写真左)





 前年改善要望であった、
 喫煙場所についても改善がされており、
 点検を通じて、従業員の意識レベルが
 高まったということです。






▼選果中に打撲による、キズ・凹みに最大限の注意を払っています。
 選果ラインには段差を極力無くすために、フレームを自作し丁寧に扱っています。









本田バイヤーからも大きく進歩したことに対して高い評価を頂きました。

【JA十勝池田町のインカのめざめの特徴】は、全ての生産者において、
 ライマン検査・食味検査・残留農薬検査を行っており、
 貯蔵出荷は味がのってくるので、年内出荷は食味の良いものを優先的に出荷し、
 よりおいしい状態でお客様に食べていただける工夫をしています。

 今年度も、より多くの方にKJA十勝池田町の馬鈴薯を食べていただきたいです!

投稿者:MITSU

今年のインカのめざめ、いい出来です!

投稿日時:2016年10月31日 14:4 月曜日
9月下旬がより出荷が始まっている、インカのめざめの産地
JA十勝池田町を、先週エプロン堀江が訪問しました。

▼9月下旬撮影 インカのめざめの畑 JA十勝池田町秋野さん。


















 8月の台風の影響が心配され、9月上旬も雨が多く作業も遅れていました。
遅れながらも収穫を終え、おおよその作柄が見えてきました。
予想していたより影響は小さく、平年より全体の収穫量はやや少ない程度で収まりそうです。

▼収穫後の風乾の様子。貯蔵に向けて品質を保つためしっかりと乾燥させます。

















▼例年、長期貯蔵後に出てくるような「しわしわでこぼこ」表面のインカのめざめも
 10月の時点ですでに多くみられます。(貯蔵したインカのめざめの紹介記事は⇒こちら
見た目は悪くても表面がつるつるの物より美味しいんですよ!

















インカのめざめは味がのってくるとよりこい黄色へと肉色が変化していきます。
今現在の断面の色を比べてみました!色の違いがわかるでしょうか?

▼左がシワシワした表面の芋         ▼右はつるつるの表面の芋。
【こちらの方が色が濃い!】









今年の特徴としては、収穫前や収穫時期に雨が多かったため、
圃場が完全に乾く前に収穫した畑が多く有りました。

▼収穫した芋には湿った土がついていてそのまま乾いてしまっています。

















通常の土の付着であれば、選果レーンを通るうちに表面の土はきれいに取れるのですが
このように、土ががっちりと固まってしまっている為、土が落ちないのです。


















▼そのため、選果レーンの途中で土がついた芋を取り、手で一つ一つ土を取り除いています。
 例年より、選果には手間がかかっています。

















選果は大変ですが、味の良さは馬鈴薯担当の堀江が自信を持ってお勧めします!!
貯蔵前の今のインカのめざめと、長期貯蔵後「春」のインカのめざめ
どちらもお召し上がりいただき、味の変化を楽しんでいただきたい品種です。

投稿者:MITSU

インカのめざめ、北海黄金、男爵!

投稿日時:2016年7月28日 14:48 木曜日
先週、エプロン堀江がコープきんき小波津さんと馬鈴薯産地を訪問しました。
【JA十勝池田町】
貯蔵もの春出荷の甘味・美味しさが大好評だったインカのめざめです。

▼左からコープきんき小波津バイヤー、JA十勝池田町秋野さんと三村さん。

















昨年25ヘクタールあった面積ですが、輪作の関係で今年は20ヘクタールで
栽培しています。
面積はやや減るのですが、収量次第ではありますが、6月の日照不足や長雨の影響もなく、昨年並みの収穫量が採れることを願っています。
来年春、美味しいインカを食べられるのが楽しみです!

▼インカのめざめの畑 
まだ紫色の花もあったのですが、目立たないので写真ではわかりにくいです。


















【大牧農場・音更町】
こちらも越冬物が味がのっておいしいと大好評のホッカイコガネです。

▼ホッカイコガネは生育期が遅いので花がまだまだ咲いていました。

















まだ期間がありますが、忙しくなると作業に追われるため、
大牧農場では既にジャガイモ収穫のための準備をしていました。

▼良い品質を保つために欠かせない作業、『風乾』するための装置(左写真)や、
 収穫する鉄コンテナをそろえて準備万端です。











**********************************
ちょうど、その頃【美瑛馬鈴薯出荷グループ】では
男爵の収穫が始まりました!
















美瑛では先週からパオパオ被覆で栽培した早出し男爵から収穫を開始。
第一弾の出荷がはじまりました。















まだじゃがいもは小さめですが、昨日からの雨をもらって、
これから大きくなってくるでしょう。

投稿者:MITSU

北海道産インカのめざめ 春販売に向けて

投稿日時:2016年2月26日 9:39 金曜日
昨日エプロン堀江が、JA十勝池田町を訪問しました。
目的は栗やナッツフレーバーともいわれる独特の風味、
味しさで定評のある「インカのめざめ」。

北海道産の「味のいい」じゃがいもをもっと食べていただこう、
コープきんき楮原バイヤーと同行しました。

▼選果中のインカのめざめ。

















インカのめざめは収穫した後も低温貯蔵することで「ショ糖」が著しく増加する
【ショ糖増加型】の馬鈴薯です。

※北あかりは還元糖(ブドウ糖や果糖)の増加が多い。

現在も約5か月貯蔵されているので、甘味は増していますが、
実は6月頃が最も味がのっておいしい時期なのです。
ただその時期になると、発芽の問題や、表面にしわが寄ったりと流通が
難しい条件になってしまいますので、これまで販売は3月4月頃まででした。

しかし、「春食べるインカのめざめの美味しさを
     もっと多くの人に知ってもらいたい!!」

今年はコープきんき様で5月に販売することが決定しました。











▼現在保管中のインカのめざめ

















▼カロテノイドを豊富に含む黄橙色の肉色も特徴です。

















【ばれいしょの資料】農水省 平成26年度いも・でん粉に関する資料より
日本の馬鈴薯作付は近年でみると微減。長期的にみるとも減少しています。
また、生食用としての出荷量も減少傾向です。割合は30%前後で推移。
・馬鈴薯の作付面積と生食用消費量の年推移













・平成26年産産地別馬鈴薯用途別割合(概算)






・ばれいしょ用途別割合推移
※グラフには表示していませんが残りの%はその他(飼料、種子他)です。

投稿者:MITSU
前の月
2018年 11月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30