1. ホーム
  2. 産地ブログ

コープデリ産地視察交流会IN美瑛

投稿日時:2017年10月5日 11:8 木曜日
先週、コープデリの産地視察交流会が美瑛で開催されました。
お見えになったのは、コープデリ副理事長をはじめ、組合員理事、職員の
合計12名の方々です。
今回は美瑛にある、2つの産直産地を訪問しました。

【JAびえい】

JAびえいはお客様に飽きられないよう、美瑛選果やパン工房など、
いつも様々な新しい取り組みをされている農協です。
JAびえい佐々木課長のご案内でトマトの選果場を見学させていただきました。
美瑛のトマトは昭和42年に施設園芸部会が発足してから徐々に戸数、面積を増やし、
現在は100戸以上、45ヘクタールを超え約15億円の生産額の主要品目です。













▼一個ずつセンサーを通り、形状、サイズ、色などで選別されます。
 この時に糖度も計測されていました。

















【道央馬鈴薯出荷グループ】
収穫体験をしていただく計画だったのですが…天候の影響で畑に入れなかったため、
代表外山さんのお宅で手作りの試食会を開催していただきました!














▼左から大西幹奈子さん、外山詩緒里さん、外山明美さん
















メニューは…フライドポテト(男爵、キタアカリ)、いももち(キタアカリ)、
      ポテトサラダ(男爵)、じゃがバター(はるか、男爵)

















★外山さんのおいしいイモもちはとろけるチーズとマヨネーズを混ぜ込むのが
隠し味だそうですよ。

★大好評ポテトサラダは《大西家の定番メニュー》作りかたは
1.ジャガイモは皮をむいたら適当な大きさにして塩ゆでします。
2.ゆでている間に、ベーコンを0.5~1cm位にきってフライパンで
  カリカリに炒めておきます。
3.ゆであがったじゃがいもをつぶしてアツアツのうちにお砂糖少々、
  塩コショウ少々、マヨネーズ適量であえて、ベーコンを合わせればできあがり!!
















珍しい料理ではないのですが、それだけにおイモ本来の味、違いが良くわかり
とってもおいしいと感激の声、大好評で、全部残さずお召し上がりいただきました!

▼コープデリご一行様と生産者さんで集合写真

投稿者:MITSU

コープネット理事長による産地慰問

投稿日時:2017年2月1日 16:29 水曜日
先週コープネット赤松理事長ご一行が、
道内の各産地に昨年8月の北海道大雨被害のお見舞訪問にお越しになり
組合員の皆様から寄せられた、支援募金と寄せ書きを贈呈いただきました。

「道央馬鈴薯出荷グループ」
▼外山さんと大西さん、右奥がコープネット赤松理事長


















▼いただいた応援メッセージに大喜びの皆さん

















▼ジャガイモを使った手料理でのおもてなしがありました。

















▼どれも、ご家庭でよく作られているジャガイモ料理で
 豚汁(左上)、シャキシャキサラダ(右上)、ビシソワーズ(左下)は外山明美さん、
 ジャガイモパン(右下)は大西幹奈子さんお手製です。どれも美味しいんですよ!
















▼飯田農産グループ長(左端)
 「コープネットの共同購入の紙面では、昨年4月に震災の被害に合った熊本農産物を
 応援する取り組みをしました。来年度は北海道の農産物でも取り組みたい」

















「JAびえい」
▼JAびえい組合長(中央)と常務(左)、コープネット赤松理事長(右)

















JAびえいでは、選果場の前が水に浸かる被害に合いました。
中玉のシンディトマトを販売していただいているのですが、
今後はコープネットの産直産地化を目指していく予定です!


















「和田農園」
▼左より和田誠さん、和田政司社長、コープネット赤松理事長


















▼組合員の皆様からあたたかいメッセージをいただきました!


















和田農園のある帯広市川西地区では、8月末の連続台風による大雨で畑が流されたり、
土中に埋められた暗渠(あんきょ)が壊れたり、詰まったりしました。
暗渠の工事をする、技術者が不足しており、施工は今年の秋以降になるところが多いようです。

いただいた義援金は畑の復旧や、これからの災害対策に有意義に使わせていただきます。
応援いただいた皆様、ありがとうございました。

投稿者:MITSU

北海道産トマトの出荷始まっています!

投稿日時:2016年7月1日 10:35 金曜日
今週火曜日6/28にエプロン掘江が、コープネット高橋バイヤーとトマトの産地を訪問しました。

北海道の6月の天候不順についてはブログでもお伝えしていますし、
新聞などでも報道されていますが、トマトの産地も例外ではありません。

▼美瑛と滝川(砂川の少し上)の気象データです(降水量、平均気温、日照時間)
 6月上旬・中旬はいずれも降水量が平年の1.5倍~3倍近くあり、
 日照時間が平年の6割前後しかありませんでした。
















***********************************

まず訪問したのは、JAびえいのミニ・中玉トマトグループです!
今年から、出荷いただくことになった新しい産地です。

▼JAびえい天野さん(左)と生産者の柴田さん(右)

















例年であれば6月中旬から出荷が始まるのですが、天候の影響から
色づきが悪く生育・出荷も1週間ほど遅れました。
その分、生育日数に時間がかかったため、
今から出荷するトマトは糖度も8~9度ありおいしく育っています。
中玉はミニトマトより食べごたえも有り、大玉より使い切りやすい大きさで
味はミニのように甘味があって美味しいですよ。

今年からの販売スタートですので、今後につなげられるよう頑張ります!

▼中玉のシンディ―スイートです。
















************************************
続いて訪問したのはコープネットの産直であるJA新すながわのトマトです。

▼産直産地ですので「生協適正農業規範(GAP)」の点検を実施しました。
 コープネット高橋バイヤー(左)、JA新すながわの前谷課長(中)、山田調査役(右)

















 選果場は衛生管理を
 徹底して清潔に保たれていました。









▼タイムリーな病害虫・防除の情報の掲示や栽培履歴の提出も徹底しています。










JA新すながわのトマトも、美瑛と同様に天候の影響から約5日ほど遅れて
先週末から出荷が開始しました。
6月上旬中旬の天候の影響で花落ちして実をつけていない部分もありますので
7月に入ってから一部出荷量が減る可能性も考えられます。

しかし、今週に入りガラリと天候が変わり、
カラッと気温の高い夏日が今日まで4日ほど続いていますので
今週末には、一気にトマトの出荷量が増えそうです。

北海道のトマト出荷も本格的シーズンになります!

投稿者:MITSU

北海道のスイートコーン最盛期を迎えます

投稿日時:2013年8月16日 13:53 金曜日
夏野菜の人気者”スイートコーン”が最盛期を迎えます。
北海道は全国の約半分の生産量を占めるスイートコーン日本一を誇ります
(2011年の北海道での生産量は115,100トン)

















スイートコーン(とうもろこし)は北海道では「とうきび」と皆呼びます。
北海道に来て初めて聞いた時はサトウキビのことか?と思いましたが、
今では自分もすっかり「とうきび」というようになりました。
▼雄大な北海道らしいトウキビ畑(東川町で撮影)

















収穫時期も短期集中型。7月から徐々に出荷は始まるのですが
8月お盆~9月上旬にピークを迎え出荷量も一気に増えます。
露地物のイエローコーンは来週~9月上旬がピーク。
先に出荷が始まっている道央、十勝地区に加え、美瑛、ようてい、道内各地で出荷が始まります。

















今年は春の低温や雨の影響で播種作業が多くの地域で7~10日ほど遅れたました。
しかしその後高温の時期が続いたこともあり、生育は平年並みまで追いついたのです。
出来上がったトウモロコシは6月からの干ばつの影響でやや小さめではありますが
順調に出荷時期を迎えることができました。

▼プラスチックコンテナ(折コン)に入れて出荷

















エプロンではとうもろこしは主に上写真の様に折コンに入れて輸送しています。
とうもろこしは呼吸量が多く熱がこもりやすい野菜です。
通気性の良いコンテナに入れることで、収穫後出荷までの予冷もしっかりして
輸送中も鮮度を落とさずお届けすることができます。

















主な栄養は炭水化物、そして食物繊維も豊富です。
特に粒の胚芽部分(白い部分)にはビタミンB群、葉酸、ナイアシンが豊富に含まれます。
いろんな料理にも使えますが、定番はやっぱりゆでとうきびでしょうか。
夏のおやつにたくさんお召し上がりください!


投稿者:MITSU

露地物【アスパラ】の出荷が始まりました!

投稿日時:2010年5月24日 15:6 月曜日
こんにちは、エプロンMitsuです

いよいよ「北海道産露地物アスパラ」
出荷が本格的に始まりました!!




















5/15に霜の降りた地域もありましたが
ようやく本番です。
全道的にも5/19頃より始まったところが多いです。
平年よりも10日~2週間ほど遅れました。



★池田園芸農場5/17ブログに近況掲載)・・・胆振・むかわ町
5/19からホワイトアスパラの出荷開始しました。















★サンファーム・・・後志地方・留寿都村
5/22より収穫を開始しました。
今年から「コロポックル」という新しい品種の出荷が始まります。

こちらはホワイトアスパラの圃場です。
羊蹄山をバックに雄大なロケーション














~池田さんや、サンファームさんでは
ホワイトアスパラ本来のほろ苦さ、
甘みが
しっかり味わえる「培土による露地栽培」
こだわっています~




★JAようてい
例年より2週間の遅れ5/19より蘭越地域より出荷開始
グリーン・ホワイトアスパラです

★JAびえい
こちらも例年より2週間ほどの遅れで5/19より開始
主にグリーンアスパラです。
こちらのアスパラも特長がありますので後日詳しく
紹介します!
選果場の様子




















★丸巳・・・上川地方・東川町
5/20、雨模様の中収穫を開始しました。
グリーンアスパラです。















ざ~っとエプロン取り扱いアスパラの主力産地を
ご紹介しました!


これから6月下旬までの約1ヵ月のの間に
沢山いろんな食べ方でアスパラをお召し上がりください。
さぁ、たっぷり食べますよ~。アスパラギン酸!



投稿者:Mitsu
前の月
2017年 11月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30