1. ホーム
  2. 産地ブログ

北海道産露地物アスパラ出荷始まっています

投稿日時:2014年5月13日 14:26 火曜日
北海道の春の訪れとともにやってくるのが露地物アスパラガスの旬です!
我が家の食卓も今から1か月間はアスパラ強化月間です。

先週末あたりから続々と露地物のアスパラ収穫が始まっています。
今年は、帯広や札幌地域が例年よりやや早く出荷が始まりました。
シーズンが始まる5月7日エプロンアスパラ担当の杉山と大北が産地を訪問してきました。

訪問日、むかわ町の池田園芸農場さんではホワイトアスパラの出荷が始まったばかりでした。
















▼一見何もない畑…土の盛り上がりだけがあります。
 ここが収穫期を迎えたホワイトアスパラの畑です
















▼手に持っているのがホワイトアスパラの収穫専用のノミです。















 きれいに盛られた畝にひび割れを見つけたら、
 土の下に採り頃のホワイトアスパラがあるサインです。
 アスパラの根元がありそうな部分に見当を付けてノミを刺し込み収穫します。
















収穫には経験と熟練の技が必要です。
途中で折れてしまったり、ヒットしなかったり・・・
















▼土の中からでてきたばかりのアスパラは真っ白に輝いています。
















フィルムで遮光して育てたホワイトアスパラは苦味もなくあっさりしていますが、
池田さんのように露地で培土で育てたものは風味が強くほろ苦さもあって、
それがおいしいのです!!

おすすめの食べ方はやはり定番のゆでアスパラ、焼きアスパラ。
シンプルな料理こそアスパラそのものの味わいを楽しめます。
ぜひこれからの約一か月はアスパラ三昧してくださいね

投稿者:MITSU

ホワイトアスパラ収穫始まる【池田園芸農場】

投稿日時:2011年5月19日 9:17 木曜日
むかわ町穂別・池田園芸農場では
ホワイトアスパラの収穫が始まっています!
昨日産地に行ってきましたので、収穫の様子をレポートします。
↓穂別では桜が咲いていました。










培土をしておよそ1週間で収穫が始まります。
池田園芸農場ではこの培土のタイミングがうまくいき、霜にも当たらず!
地温が上がったため
収穫開始は例年通りで遅れは出ませんでした。
↓ホワイトアスパラ圃場、奥では収穫しています
















↓土の上にホワイトアスパラの頭がポツポツ見えているのがわかりますか?

















↓専用の収穫棒を土の盛り上がりを見て狙いを定め、土に差し込み…収穫します






























まだ収穫が始まったばかりの時期は、
緑色や薄紫などの変色したものや曲りのアスパラが多いのですが
2~3日すると収穫量も伸びてくるということです

 このように先がピンク色や









 先が紫がかっているのは
 ホワイトアスパラが
 日光に当たり
 アントシアニンにより
 着色しているため
 (ポリフェノールの一種)

 傷んでいるからではありません!


またアスパラは最盛期になると1日に10cmほども成長するので
 1度の収穫では成長に追いつきません。
そこで朝収穫した後また夕方にも収穫します。

曲りや緑化など規格外のホワイトアスパラを池田さんに分けていただいたので
エプロン社員一同でいただきました!
朝採れたてですから柔らかくて、甘味があり
露地ものならではの風味もありました。
旬のホワイトアスパラは塩ゆでしただけで美味です!


投稿者:MITSU

【スイートコーン】の成長、【アスパラ】その後~池田園芸農場

投稿日時:2010年7月15日 10:33 木曜日
約1ヵ月前の6月上旬はこんなだった「とうもろこし」
イエロー系 ゴールドラッシュですが・・・(くわしくはこちら










<7月上旬の様子>
雌花(雌穂)、も
<雌花のふさふさのひげと粒の数は同じだって知ってましたか?
ひげ(めしべ)で受粉して実(粒)ができるので一粒一粒に繋がっています。
皮をむく時に観察してみて下さい!>












雄花もこの通り!順調に生育中

















背丈は約2メートルにもなり、見上げるほどです。
背が高くなると倒伏しやすくなるため、
今週中には、倒伏防止のため「トッピング」を行います。
【トッピングとは】
受粉の終わった時期にスイートコーン上部の雄の穂を刈り取る作業で、
倒伏を防ぐ為に行います。日当たりを良くしたり、
病害虫の被害を減らす効果もあります。

念のため5株に1株程度は雄花を残しておくそうです。

とても順調に生育中のこちらのスイートコーンは8月2週目より収穫の予定!
あと3週間ほどです
他の産地についても一気に成長しているので8月中旬ころが
北海道のスイートコーン出荷のピークになるのではないかとみられます。


つづいて、6月末に出荷を終えたホワイトアスパラですが
現在はどうなっているのかというと・・・
こちらが5月末の様子培土の畑











現在は青々とアスパラガス擬葉が茂っています。
↓          ↓         












「収穫後から秋までにどれだけ根に養分を蓄えられるか」
それが来年の味、収穫量に大きくかかわってきます。
これからがアスパラを栽培する上でも重要な時期なんですよー

投稿者:Mitsu

北海道の【にんにく】成長中

投稿日時:2010年6月21日 13:10 月曜日
こんにちは、エプロンMitsuです

本日は「夏至」ですね。
日に日に長くなっていく昼も今日で折り返し、
また短くなるのだと思うと毎年少し憂鬱になります。

さて以前から何度かお伝えしていますが(前回はこちら)
北海道にんにく情報をお伝えしたいと思います。

①池田園芸農場・穂別町
(5月中旬の圃場)











  ↓   ↓   ↓   ↓
3週間ほどでぐぐっと成長しました
葉丈70cmを超えニンニクの球も太ってきています。
(6/8の撮影です)

















②小林和雄さん・千歳
(6/8撮影)
50a(アール)の面積でニンニクを栽培しています。

一部圃場で、病気にかかった株は
葉の枚数も5枚ほどで丈は30cmにしかなっていません。







しかし
大半はこのように元気に葉8枚・丈60cmに成長していました!












葉が10枚を超えると花茎が出てきてます。
出てきた花茎を摘む「とう摘み」をすることで
栄養分を根に回します。
ほっておくと花を咲かせようと栄養を使ってしまうのです。

とう摘みした断面から菌が入って、病気にならないようにするため、
作業は晴れの日に行います。

とう摘みを終えると約2週間で収穫が始まります!


投稿者:Mitsu

【アスパラ】ピーク迎える

投稿日時:2010年6月16日 9:31 水曜日
今年は出足の遅れたアスパラですが
先週収穫のピークを迎えました!

ゆでたり、焼いたりうちでもよく食べてます。
先日はアスパラのキッシュを作りました!
といっても、パイ生地を作るところを省略し
食パンで代用した手抜きバージョンです。

しかし味はおいしくできました。、
卵と生クリーム&チーズのコク
そして長崎産玉葱とジャガイモ。
メインにはグリーンアスパラはたくさーん入れたのですが
焦げないように沈めたので
なんだかよくわからない写真になってしまいました。














アスパラのピーク時の成長は
一列収穫したらまた列のはじめに収穫できそうなものがある!
というぐらい。一日の成長は5cm以上のびることも。

エプロンアスパラ産地の
穂別町むかわの「池田園芸農場」では



先週のピーク時は1日約200kgの
ホワイトアスパラを収穫!









そしてルスツのサンファームでは
土曜日羊蹄山の全貌が現れる好天でした。














先週はこちらでも一日約280kgの収穫量でした。

両産地とも露地培土物のホワイトアスパラなので
ゆで上げるだけで美味しいんですよ。
グリーンアスパラガスよりもはっきりとした澄んだ甘さ。
そして、後に残るほろ苦さ。。
なんといっても、この白さとても美しいですよね!

投稿者:Mitsu
前の月
2017年 11月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30