1. ホーム
  2. 産地ブログ

みつば掘り取り順調

投稿日時:2022年11月15日 11:47 火曜日
年末出荷の軟白みつば、丸巳さん順調です!


前回もお伝えしました、軟白みつばの掘り取り作業の続きになります。生産者の丸巳さん(東川町)での掘り取り作業はその後も天候にも恵まれていた順調に進んでいます。

▼ 堀取り作業の様子  (11/11 撮影)

















掘り取りされたみつばは木箱に綺麗に詰めていきます。

















木箱に詰める作業は、根がしっかりと木箱の中に納まるように詰めなければ、伏せ込み時の作業に影響があるため、大切な作業の一つです。

木箱に詰めた後は、伏せ込みのタイミングが来るまで圃場で一時的に保管を行います。圃場保管中は土を寄せて寒さで根が傷まない様にします。



















伏せ込むまでの期間にみつばは、葉と茎から根に養分を転流させます。転流が進むと葉や茎が枯れていきます。この転流が進むことで、伏せ込み時の根張りが良くなり、新芽の成長にも繋がっていきます。



















掘り取り作業も残り2割となり、このまま天候に恵まれて作業が進むことを期待しています。

次回はハウスへの伏せ込み作業を紹介します。

投稿者:AKINO

玉葱産直点検、軟白みつば生育状況

投稿日時:2022年10月31日 18:10 月曜日
オホーツク玉葱出荷グループでの合同産直点検が実施されました。

点検して頂いたのは関東中心(埼玉、千葉、東京、群馬、栃木、茨城、新潟、長野)に
販売エリアを持つコープデリ連合様。

近年はコロナの影響によりWebや書類での点検を行っていましたが、
感染状況が落ち着いた頃合いを見計らい、今年は生産現場での産直点検が行われました。


団体点検としてエプロンの選果場の管理状況、トレース管理体制を点検して頂きました。

▼ 美幌町 玉葱選果が行われている様子















生産者点検では美幌町の阿部光宏さんにご協力頂き、農場内リスクに対する管理、農薬管理状況を中心に点検をして頂きました。

▼ 整理整頓された倉庫内の様子























しっかりと管理、運営されていると点検結果を頂きました。



ご協力頂きました、阿部さんありがとうございました。

▼ 美幌町 阿部光宏さん       (8/8撮影)








➖➖➖➖➖➖軟白みつば➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

北海道での数少ない冬野菜の代表“軟白みつば”が年末の出荷に向けた作業が順調にスタートしています。

生産者となる丸巳さんでの播種は例年通りの6/13より開始。約2.7haの圃場で栽培が開始されました。

▼ 圃場で生育しているみつば  (7/25撮影)

















8月は降雨が多い日が続きましたが順調に生育し、10/20より掘り取り作業が開始されています。

▼ みつば圃場より掘り取り作業の様子   【動画】       (10/25撮影)



収穫量の大きく影響する根の量は、、、


▼ 堀り取り後のみつば
















病害虫の被害もなく、しっかり根が育っておりまずは一安心です。

11月中旬までの掘り取り作業が続き、その後は伏せ込み、年末に向けて出荷が行われます。

今年の出荷計画20万パック(30g換算)に向けて、まずは順調なスタートを切っています。

投稿者:itoshin

北海道産、冬の味覚

投稿日時:2020年12月14日 18:19 月曜日
年末が“”となる野菜、軟白みつば。
生産地となる、丸巳さん(東川町)、余湖農園(恵庭市)では出荷に向けて、慌ただしさを増してきています。

両生産者とも、6月上旬に播種(露地)を行い、11月中旬頃より掘り取りをし、ハウスへ伏せこみをする栽培方法を行っています。
今年の生育状況は、干ばつが長く続き生育が悪く心配された時期もありましたが、9月下旬からの適度な降雨と残暑が長く続いたお掛けで生育を挽回し、順調に育っています。


東川町の丸巳さんでは、1人1人の作業台に仕切りを付けコロナウィルス対策を実施しています。

▼ 東川町、丸巳さん  みつばパック場(全体) 2020年撮影

















▼ 東川町、丸巳さん  みつばパック場(全体) 昨年以前の様子




















▼ 東川町、丸巳さん   みつばパック場(個人作業スペース)


















ASIAGAP認証を受けている丸巳さんは、リスクを特定して除去・軽減する対策を行っています。
GAPの取組みがここでもしっかり実施されています。

職場の安全も保ちながら、安心安全の野菜を生産しています!
さすがは丸巳さん!



恵庭市の余湖農園さんでも、出荷前の最終段階に入っております。
伏せ込み後より毎日、外気温・ハウス内温度を記録し、三つ葉の伸長をチェックしています。

▼ 冬期間も三つ葉を中心にハウス野菜を出荷 (恵庭市、余湖農園) 12/12撮影













今年は伏せ込み後に大きな低温に当たることなく、順調に生育しています。
初回収穫となる12/18まで残り4日。目安となる30cmまで残り数cmのところまで生育してきました。
ここからは加温を控え、みつばの伸長を押さえます。

▼ 余湖農園のみつば 生育状況 (12/12撮影)
















みつばには色が薄く丈の短いものもありますが、これはみつばの新葉・若葉であり、所定の長さへカットした際、どうしても短くなっているものです。
病害や生理障害を受けたものではなく、食味・風味を損なうものではありません。


▼左:新葉・若葉  右:通常葉






これからは出荷時にちょうど良い長さになる様、常に温度管理が行われ目が離せない日々が続きます。


今年も美味しいみつばが楽しめそうです♪


投稿者:itoshin

みつば出荷最盛期です。

投稿日時:2019年12月24日 10:4 火曜日
みつばですが、現在最盛期で出荷中です。
現地で働く皆様、大変ご苦労様です。
前回は、みつばの状況、写真での大まかな栽培工程を簡単に説明しましたが、今回は収穫から出荷までを動画にてご覧下さい。

ハウスで刈り取り・調整作業をします。


水洗いと選別作業をします。


袋詰め・選別調整作業をします。


ハッポ―スチロールに詰めていきます。


現場では、繊細のものを細かく優しく取扱いして、そしてスピーディに行っています。
年末には、みつばを買っておいしいなべ料理で年越しを迎えれば幸いです。
本年も皆様には大変お世話になりました。それぞれ良い年をお迎えになることを祈念致します。

投稿者:murata

みつば・年末出荷向けて

投稿日時:2019年12月20日 9:57 金曜日
2019年の年末出荷向けて「みつば」が生育中です。

東川町・丸巳(矢澤農園)さんでは、ハウス内で今か今かと12月22日からの出荷に備えており、年末のピーク時に向けて生育等の調整もしています。







←ハウス一杯に元気よく生育中です。





ハウス内では、1日、約1㎝ずつ伸びていきます。

↓根っこもたくましいです。















↓新しいものが次々と育っています。













6月から根を養成して10月下旬頃から根を掘り起こして、木箱に詰めてハウスに並べていきます。
今の時期は、日中の寒暖差が大きいのでハウスでの温度管理等には、非常に気を使います。繊細な作物であるので注意して栽培管理をしています。

















上記のお話しを踏まえ、改めて「みつば」の種まきから出荷までの流れを簡単にご説明します


①6月上旬 播種(種まき)












②6月中旬~下旬 播種から10~14日位で発芽











③6月~10月 生育期間→露地で根株をしっかり養成します。












④10月下旬~11月下旬 夏から秋にかけてたっぷり含まれた根株を掘り取りします。
 みつばを抜いて土をほろい、まとめます。一度葉を刈り取り土を洗い流します。




















⑤11月下旬~12月中旬 ハウス内へ伏せ込み、軟白栽培の為、株は密植するので木箱にびっしりと根株がつまってます。





















⑥12月下旬頃 収穫~選果~出荷作業 すべて手作業で実施する為、多くの人が動員されます。収穫後、洗浄された後に折れや黄変等をはじき、選果したものをパック詰めしていきます。








投稿者:itoshin