1. ホーム
  2. 産地ブログ

サンネット産直協議会 『矢澤農園訪問』

投稿日時:2016年8月2日 12: 火曜日
先週末は、コープ東北サンネットのもう一つの産直産地で
東川町で産直提携協議会が開催され、12名の皆さんにお越しいただきました。

▼あいにくの雨模様でしたがまずは大雪旭岳源水公園からスタートです。
 東川町をかたるにはまず、極上の自然の恵み《水》。
 東川町に上水道はなく、蛇口をひねると美味しい水が出てくるなんて贅沢!

















今年は初めて『大雪水資源保全センター』さんを見学させていただきました。









ペットボトルの水の製造過程を教えていただいたり、水の飲み比べをしたり、
東川町の水の魅力を再確認!

















そこから、産直産地である矢澤農園(丸巳)に移動すると・・・
なんと奇跡的に雨がやみました。
















皆さんに、お届けするブロッコリーに欠品が出ないように、
畑では、多少の雨に関わらずブロッコリーの収穫作業をしています。

















結構な雨が降ったので、畑は水でぐちゃぐちゃでしたが
めげずに青いシューズカバーを付けて、畑の中へ










普段いただいているブロッコリーがずらーと並ぶ姿、間近で収穫の様子も見学しました。

















さらに山の方へ畑を移動して、車から降りた途端、歓声が上がりました。

















圧巻のキャベツ畑!
矢澤農園は全圃場で280haを超えており、一つ一つの畑の規模もとても大きいです。

















写真で伝わるでしょうか、広大な畑にずーっと続くキャベツの列。


















奥に広がるとうもろこし畑のグラデーションが美しいですね。(サンネット谷口さん撮影)

















畑がある高原からから、選果場や施設に戻ってまた歓声が上がったのは
丸巳の保管庫、冷蔵庫として使っている巨大な雪氷冷房冷蔵施設に入っている「雪の山」
この暑い中で雪の塊が見られるとは!

















こちらは、雪氷冷房冷蔵施設の中に入ったところです。
東川の自然、冬の積雪を利用した、エコロジーな冷蔵施設なのです。

















協議会これまでの取り組みの振り返りと、今後の課題について
産地から、生協からの意見を出し合い、しっかり確認したあとは、交流会です。

















野菜の魅力を伝えるには、採りたての試食に勝るものはありません!
ただ蒸しただけのブロッコリー、カリフラワー、大根ですが
どうしてこんなに美味しいの!大反響でした。

















そのまま食べたり、マヨネーズをつけるだけで御馳走です。

















参加者の皆さんは矢澤農園の魅力をしっかり伝えて、
組合員さんの利用をもっと増やしていきたいと意気込んでおられました!

投稿者:mitsu

原谷農園~北見市~レポート

投稿日時:2013年7月24日 13:2 水曜日
北見市・留辺蘂町の原谷農園にエプロン杉山が行ってきました
原谷農園は人参をメインに、白菜、レタス、キャベツを作っています。
全て、化学合成農薬、化学肥料の使用を慣行基準の半分以下に抑えた特別栽培です

クマムシの会の考えに則り、土壌の微生物の働きを良くする土づくりに力を入れています。
土壌診断の結果も見ても、さすが、とてもバランスの良い土になっています!

▼原谷清作さん。人参はやや干ばつの影響を受けてはいますが
 出足の遅れから見ると随分回復しました。
















今年はオホーツク地方一帯で人参の抽苔が少ないです。
にんじんは8月上旬からのスタート予定です。


▼ずらーと並ぶのは【白菜】
 まだ巻きが弱いのですが、あと1週間から10日ではじまります。
















▼【キャベツ】もまだ球になっておりません。2~3週間後には収穫の予定です。

















▼【レタス】まだ小さいのでリーフレタスのように見えますが…玉レタスです。
 こちらも2~3週間後には収穫の予定です。
















野菜たちは日に日に大きく育っています。

投稿者:MITSU

矢澤農園 キャベツ定植、とうもろこし…

投稿日時:2012年6月4日 11:4 月曜日
前回に引き続き、東川町・株式会社丸巳(矢澤農園)の圃場レポートです。

キャベツが定植作業の真っ最中でした。
キャベツ今年は約11ヘクタールで栽培予定。
4月末に播いた種を約1か月育苗し、定植後約2か月で収穫です。















定植期に苗のトレーを積み込んで、後部に乗り込んだ2名で1本ずつ穴にセットしていくと、
植えつけられていきます。















この圃場は標高約500mの高地に位置しています。
矢澤農園では100m~550mの標高差を利用し、栽培時期や品目に合わせて
作物を作っています。
















後ろから2人が、しっかり苗植えられたか確認、植えられてないところには補植、
きれいに直しながら歩いてついていきます。
















大自然に囲まれた矢澤農園では、野生動物の訪問もしょっちゅうで、
キャベツなどは植えたての柔らかい苗を狙って鹿がやってきます。
美味しい時期を知っているので、数日たって硬くなった苗には見向きもしません。
苗を食べ尽くされてしまわないよう、獣対策が必須。

下写真は鹿よけの電気柵です。エプロン営業部長堀江触っています…白いローブ(まだ電気はとおっていません)定植が終わったら電気を通します。















奥にきらきら光る筋は、マルチをひいた畑です。
全部で280町もある畑、本当に広いです。
















黒いマルチの穴からはスイートコーンの芽が出そろいました!出荷は8月中旬からの予定です。

投稿者:MITSU

今季最後のにしん漬け

投稿日時:2012年4月5日 15: 木曜日
最近「塩こうじ」なるものが巷では人気ですね。

北海道で糀を使った伝統的な発酵食品といえば冬の味覚「飯寿司」と「にしん漬け」です。
こちらに来るまで全く知りませんでしたが
最近では「ニシン漬け」が漬物の中でも1位2位を争うくらい大好きになりました!
この冬初めて自家製のにしん漬けに挑戦し、1壺ぺろりと無くなったので、
3月に第二弾を材料にして約2.5㎏漬けました。
一回に大量に食べてしまうのですぐになくなってしまいます。
油を使っていないサラダ感覚といったところでしょうか。
体のことを考えると塩分は少し控えめにしたいところです・・・

















今回は塩分2.5%でつけました。
作り方はいたって簡単。
ただひたすら材料(もどした身欠きにしん、キャベツ、大根、人参、生姜)をカットして
米こうじ(材料2.5㎏に対し約100g)と塩、鷹の爪少々入れて
厚手のビニール袋の中でざっくり混ぜ、重しをします。
1週間もしたら食べごろです。

発酵が進んでちょっと酸味が出てきたころが美味しいんですよ。
しかし写真の一皿が我が家の最後のにしん漬け。
次の冬までお預けです。。。もう、春ですからね!

投稿者:MITSU

身近なところの秋

投稿日時:2011年11月2日 11:50 水曜日
この時期になると弊社の真向かいにある札幌中央卸売市場の敷地に並ぶたくさん木箱には・・・


















キャベツ!キャベツ!といっても普通の大きさではなく
巨大な「札幌大球」…大きいものは15㎏以上にもなる大玉の在来品種です。

















これが並ぶとしみじみ秋を感じます。
しかもたくさんの大きいキャベツが並んでいるととてもかわいい。
札幌大球は北海道ではおなじみの「ニシン漬け」等の漬物用として使われます。
これまた冬の風物詩。
昔は車庫において保存していて上に張った薄氷の下から
半凍りのニシン漬けを取り出して食べていました。
本州出身の私も大好きな漬物です。

















大通公園の銀杏は夜の陰影がきれい。そんな季節です。

投稿者:mitsu
前の月
2017年 11月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30