1. ホーム
  2. 産地ブログ

得地農場のブロッコリーとスイートコーン!

投稿日時:2017年8月15日 11:2 火曜日
先週金曜日、エプロン進藤が【得地農場・音更町】を訪問しました。

得地農場といえばブロッコリー!


















▼今年は天候もよく、収穫が始まった6月末から今までとても順調。
 ここ数年でも1番です!(得地勝社長)

















この1週間は涼しい日が続いていましたが、ブロッコリーにとっては適度な環境です。
この様子だと今年は秋まで順調に行くのではないでしょうか。

得地農場ではスイートコーンも作っています。















 8月20日頃から
 収穫が始まる予定の
 イエロー系スイートコーン
 「ランチャー82」

 生育は順調ですが
 涼しい日が続いていたため
 早くに播いたところは
 やや遅れ気味です。














▼1本試し取りしてみましたが、まだ細かったです。これからぐぐっと肥大します。














得地農場ではブロッコリーと同様にとうもろこしも
農薬、化学肥料を半分に抑えた特別栽培に挑戦しています。

8月5回からならコープさんでは「得地農場」のとうもろこしとして販売していただきます。
短い夏の旬の味わいです。是非お召し上がりください!

投稿者:MITSU

もうすぐ!旬の野菜『とうもろこし』

投稿日時:2016年8月10日 9:38 水曜日
北海道の夏野菜の代表ともいえる「とうもろこし」
7月上旬の時点で、10日~2週間の遅れがみられる産地も有りましたが、
8月上旬現在では、7月の天候で徐々に遅れを取り戻しています。

道内各地の出荷は
・『十勝』『美瑛』は5~7日ほど遅れ
・『東川』『道央』は5日ほどの遅れでスタート

時期としては、8月22,23日頃スタートし、
8月27日~9月頭が出荷のピークとなりそうです。
例年であれば地域ごとに時期が少しずつずれるのですが、
今年は天候の影響から、どこも一斉にピークを迎えそうです。


また、サイズも小ぶりになりそうだと心配していましたが、
スタート時期はやや小ぶりではありますが、徐々に例年並みのサイズになりそうです。

▼7月22日撮影 美瑛の産地です
















昨日は、JAひがしかわのスイートコーン部会目合わせ会に
エプロンのとうもろこし担当杉山が出席してきました。

▼中央で話しているエプロン杉山。 8月9日JAひがしかわ目合わせ会














通常規格で販売の予定ですが、天候の影響から出るであろう
サイズがやや小さいとうもろこしも販売をしていく方針をお伝えしました。
規格外を廃棄してしまわず、美味しくいただけるものを販売して
収量を上げていくため、産地と弊社での取り組みです。

▼生産者の園田さん(左)とJAひがしかわ中島さん






















東川町を始め、道内では昼夜の温度差が大きい産地が多く
昼間は暑くても夜はグッと冷え込みます。
それがトウモロコシの甘さ、美味しさにつながります。

間もなく始まる、旬の時期にとうもろこしをたくさんお召し上がりください!!

投稿者:MITSU

『十勝』トウモロコシの生育状況

投稿日時:2016年7月12日 11:6 火曜日
6月の気象の影響で、玉ねぎは生育が進んでいたのが、停滞気味になっていますが、
遅れが生じている作物も有ります。

先週、エプロン杉山、伊藤が十勝の生産者を訪問したところ
スイートコーンの生育がかなり遅れていました。

▼マルチ、種から植えたものですが膝くらいまでの高さ(40~50cm)にしかなっていませんでした。
(7月7日撮影)

















例年であれば胸の高さ(120cm~)にはなっている時期だけに
約10日~2週間の遅れです。


本当ならばお盆前からの出荷予定でしたが、遅れる見込みです。
十勝地方だけではなく他の産地も同様の傾向がみられるため、
お盆時期のとうもろこしはかなりきわどくなりそうです。

また、サイズも小さいものが多い状況になるのではないかと予想されます。

これは6月の雨や曇天続きによる日照不足が大きく影響しています。















また、6月に種をまく予定だったところもこの雨の影響でできていなかったりと
出荷への影響はお盆以降9月にも出てくるのではないかと予想されます…

スイートコーンの最新情報まとめは
道内各地の状況も含めて、改めてお伝えします。

投稿者:MITSU

スイートコーン生育状況

投稿日時:2015年7月21日 11:32 火曜日
 北海道スイートコーンの生育状況についてお知らせいたします。
 7月中旬現在、露地スイートコーンの生育は全道的に遅れています。
 およそ7~10日位の遅れになっています。
 出荷ピークもお盆過ぎの8/25前後の予想です。
 また、収量は平年作より2~3割減るのではないかと予想されます。

▼スイートコーン産地の気象データ(平均気温と降水量 6月以降の旬ごと)
・上川、石狩、後志は6月上旬、6月下旬、7月上旬と気温が低かった。
・上川は降水量もやや少なめ。
・十勝は降水量が圧倒的に少ない。6/1~7/20期間でも平年比50%を切っています。
 6月中旬以降はほとんど降っていません。













 生育遅れの原因としては、上記気象データからも読み取れますが…
 ①6月下~7月上旬の低温による生育遅れ。
  未熟果や先端不稔の懸念。小ぶりになる可能性あり。
 ②干ばつによる生育不良。

▼JAひがしかわ スイートコーン

















 7月15日現在で60~80㎝程度の生育でした。































▼美瑛のスイートコーンも同じく1週間以上の遅れです。
















今年十勝地域は降水量の少なさに悩まされています。
十勝地域の様子については、スイートコーン担当杉山が産地確認中ですので、
追ってお知らせします。
※【追記7/27】
十勝は降水量が少なく相当の遅れが心配されましたが、とうもろこしでは大きな影響はなく
日照時間があったため、想定していたよりも遅れはなく、
なんとか例年並に出荷が始まりそうです。

投稿者:MITSU

レシピ【とうもろこしご飯】おすすめです

投稿日時:2014年8月12日 13:30 火曜日
北海道野菜の夏の代名詞といえば「とうもろこし」全道各産地で、旬を迎えています。
エプロンでも先週から出荷が本格的に始まりました。
先日の雨で倒伏したところも少しありますが、順調にスタートしています。
今年は7月に干ばつ、高温にあたり、生育は5日~1週間前倒しになり
スタートは早めになりました。今はまたやや小ぶりの傾向ですが、徐々に大きくなりそうです。

昼夜の気温差が今年はしっかりあったので、美味しいとうもろこしに育っています!

















とうもろこしの食べ方といえば、「ゆでる」のが定番ですが
ひと手間かけたおいしいご飯はいかがでしょうか?
久しぶりのエプロン水谷オリジナルのレシピです!
簡単ですよ~
『とうもろこしと浅利の炊き込みご飯』
















〈材料〉
とうもろこし 1本
米      2合
あさり    10個(砂抜きをする)

〈作り方〉
①お米2合を普通にとぎ、水を炊飯器の2合の目盛にセットする。
②トウモロコシを実の部分だけ包丁で切り、芯と実を①に入れて
 炊飯器のスイッチを入れ普通にご飯を炊きます。

















③完成~盛り付け。
 調味料を入れなくても風味たっぷりの炊き込みご飯になりますよー

★エプロン水谷のワンポイント
・とうもろこしの芯も一緒に入れること!…香りと味が増します
・あさりの砂抜きはしっかりと!

 バットに1%の塩水をあさりの深さの半分くらいまで入れ、
 上に新聞紙をかけて冷蔵庫で一晩おきます。
 (海水に近い環境にすると息をするときに砂をはき出します)

★アサリがない時はとうもろこしだけでやってみてください。
 十分美味しいとうもろこしご飯になります!


とうもろこしが旬の今、是非作ってみてくださいね。エプロンのおすすめです

投稿者:MITSU
前の月
2017年 11月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30