1. ホーム
  2. 産地ブログ

長芋収穫研修

投稿日時:2019年11月8日 17:56 金曜日
帯広市、和田農園へエプロンの大西が長芋の収穫研修を行いました。


和田農園では長芋を約23ha、(内ネバリスター約6ha)と
ごぼうを約38ha、馬鈴薯を約48haを中心として栽培しています。


まず農場へ伺うと、和田農園入植100年を記念して作成された鐘が飾られています。




豊穣の女神デメテルの文字からデザインされたマークが描かれており、大地と豊穣神への感謝の思いが込められています。




続いて畑では収穫作業が行われています。








一見大型機械による収穫作業に見えますが、近くで見ると大勢の人達で収穫作業を行っています。









専用の作業機械にて土ごと掘り上げると長芋の先端が上がってきます。
ここから先は全て手作業!
上がってきた長芋を抜き、土をほろい、収穫コンテナまで運びます。
以前まではベルトコンベアで運んでいたのですが、傷や打ち身などの品質低下を
避けるため、今年よりこの方法で行っています。

手作業でも簡単にキズや折れてしまうため、重労働かつ繊細な作業が求められました。


とても大変な作業をにより収穫された長芋は、粘り・風味がとても良く
まさに、豊穣の女神に愛された一品です!









今年は11月一杯まで雪の降る予報がないため目一杯収穫作業を行い、
残りは春掘りとしてまた収穫作業が行われます。

投稿者:itoshin

収獲作業も終盤戦

投稿日時:2019年10月16日 16: 水曜日
北海道では最低気温1ケタ台が続き、日々寒さを感じるようになって来ましたが、
これから収獲を迎える作物があります。

北海道、秋の味覚『長いも』です。

作付面積が1,000haを超える十勝地方では、順調な天候条件と新品種の導入により、帯広市川西地区の予想反収は昨年よりも10%程多く3.8㌧/反を見込んでいるとのこと。

帯広市の和田農園では11月上旬から行われる収獲までの間、土の中でしっかりと完熟させることにより、豊かな風味としっかりとした粘りが特徴の長いもとなります。
来年の夏頃までながーく味わうことが出来ます。


同じ様にながーく味わうことが出来る北海道の野菜『玉ねぎ
こちらは『蔵入れ』のピークを迎えております。

蔵入れとは、凍結を防ぐため、屋外で風乾を行った全ての玉ねぎを倉庫内へ入れる作業のこと


▼入庫前、並べられた玉葱















▼冷蔵庫の中にもぎっしり並べています。













11月上旬まで作業が続けられ、5月までの間に順次出荷を行います。

今年はやや干ばつ気味ではありましたが、晴天に恵まれ大きいサイズがたくさん採れています。
オホーツク地区では平年作を約10%程度上回る5.5㌧~6.0㌧位の反収となっています。

貯蔵された玉ねぎに火を通して調理すると甘味が増してとても美味しくなります。
大きい玉ねぎは煮物・炒め物がオススメです!
健康野菜としてたくさん食べて頂きたいです!!


投稿者:itoshin

和田農園 長芋収穫始まりました

投稿日時:2017年11月2日 10:59 木曜日
北海道は初雪も降り、秋も深まって冬が近づいています。
帯広・和田農園では長芋の収穫が始まりました。
(以下 11/1撮影)
▼ゴボウと同じように、二台のトラクターが並走して収穫

















▼収穫機側のトラクターは和田誠さんが運転中でした

















▼掘り上げられた長芋をコンベアに載せ、左側のトラクタの後部に運ばれます

















▼収穫した長芋をハーフコンテナに入れていきます。

















和田さんによると今年は植付時の種芋の状態の影響から
平年よりやや収量は落ちるそうです。

▼長芋収穫の一連の動画をご覧ください!

投稿者:MITSU

「JGAP BASIC審査終了!」と「長芋加工場見学」

投稿日時:2017年4月14日 10:35 金曜日
先日、美幌町の大林農場とファーム國方のJGAP Basicでの初回審査が終了しました。

大林さん、國方さんは2月に実施されたJGAP Basicの勉強会にも参加され(⇒こちら)
今までの2010版から2016年に新たになったBasicでの準備をすすめてこられました。
その初回審査が4月初旬にあり、エプロン伊藤、三ツ橋も立ち会わせていただきました。
お二人ともかなりの緊張の中、審査が始まりました…
書類や施設、圃場の確認を含め、審査時間は4時間におよびました。
新しくBasicに加わった【リスク評価】はお二人とも難しかったとお話しされていましたが、
今回審査を受けてぐっと理解が深まりました!

▼審査が終了し、審査報告書に最後のサインをする大林郁浩さん。
















お二人がお互い支え合って勉強されている姿を見てとても力強く感じました!
年々認証を続けていくことで、どんどん良い農場になっていくのだなと
今回立ち会って感じました。

▼審査終了、ホッとして顔も緩みます。國方一騎さん

















===================================
このお二人、今週はエプロン北川と同行して青森に行ってきました!

昨年は自分たちの商品が売られているお店を現場視察したので、
今年は長芋を加工していただいている加工場を見に行ったのです。

▼長芋を土付のままコンテナで出荷されています


















▼ここでは土付長芋を洗い、カットして真空パックに加工していただいています。





 ⇐真空パック機械。
 1時間で
 1500~1800PC製造可能です

 訪問時加工していたのは、
 国方さんの原料でした
 ↓
 ↓ 
 ↓
 ↓
 




 セットされた原料は
 袋に入り、パックされて

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 
 
 真空出来上がり!

 今年加工現場を視察したことで、
 前年の売り場視察と合わせて
 商品が到着してから
 加工し販売されるまでの流れを
 國方さん、大林さんお二人に
 理解してもらう事ができました。










お二方とも平成28年産については昨年の天候に影響を受けて
収量・品質は良いという状況ではなかったのですが、
今回の視察後の話の中で青森に負けない商品をつくりたいと
今期の作付けに向けて強い意気込みを感じました!

投稿者:MITSU

JGAP2016強化セミナーに参加しました。

投稿日時:2017年2月17日 10:25 金曜日
先日、札幌で開催されたJGAP2016強化セミナーにエプロン三ツ橋が参加しました。
2016年9月に「JGAP2016」として管理点と適合基準の要求事項の
新しくなった内容についての研修です。

今回の改定では、世界基準となるGFSI認証を目指している「Advance」と
日本の標準的なGAP「Basic」ができたということも有りますが、
「JGAP2016」は今までの「2010版」と比べて大幅な変更がありました。
特に大きな変更点はリスク評価の導入だと言えます。

セミナーには認証を取られている農場の方も多く参加されていました。
そこには、エプロンの生産者さんの姿が!
2015年にJGAPの認証を取得された、ファーム國方さんと大林農園さんです。
▼ファーム國方の國方一騎さん




 春の維持審査で
 「JGAP2010」から
 「JGAP2016Basic」に切り替える為

 お二人とも当日まだ暗い早朝に
 美幌町を出発し、
 セミナーに参加されました。











▼大林農園の大林郁浩さん(研修中の写真が取れませんでした)























リスク評価について、しっかり勉強して、
「春の審査に向けて頑張ります!」と頼もしいお二人です。

このセミナーではJGAP認証農場の方のお話を聞けたのも貴重な機会でした。
元々のJGAP導入の目的は、「差別化」や「円滑に農場の経営をするためのルールを作る為」、
「取引先に求められたから」などですが、

JGAPに取り組んでよかったこととしては
・「自分たちのためだけではなく、後に続く人の財産になる」
・「形にして後世に残せる」
・「お客様の信頼」を得られる
そこには後継者へ、また後継者が直接いなくても、
地域の農業を後世につなぐという思いがありました。


一方、残念だったこととしては
・「販売先や流通業者がGAPのことを知らない」
ということが印象に残りました。

農産物を取り扱う会社として、
GAPのことを伝えていく努力がもっと必要だと感じました。
社員皆が、説明できるように知識を高めて勉強をして
流通会社としての役割を担っていきたいと思います。


投稿者:MITSU
前の月
2020年 02月
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29