1. ホーム
  2. 産地ブログ

和田農園 長芋収穫始まりました

投稿日時:2017年11月2日 10:59 木曜日
北海道は初雪も降り、秋も深まって冬が近づいています。
帯広・和田農園では長芋の収穫が始まりました。
(以下 11/1撮影)
▼ゴボウと同じように、二台のトラクターが並走して収穫

















▼収穫機側のトラクターは和田誠さんが運転中でした

















▼掘り上げられた長芋をコンベアに載せ、左側のトラクタの後部に運ばれます

















▼収穫した長芋をハーフコンテナに入れていきます。

















和田さんによると今年は植付時の種芋の状態の影響から
平年よりやや収量は落ちるそうです。

▼長芋収穫の一連の動画をご覧ください!

投稿者:MITSU

「JGAP BASIC審査終了!」と「長芋加工場見学」

投稿日時:2017年4月14日 10:35 金曜日
先日、美幌町の大林農場とファーム國方のJGAP Basicでの初回審査が終了しました。

大林さん、國方さんは2月に実施されたJGAP Basicの勉強会にも参加され(⇒こちら)
今までの2010版から2016年に新たになったBasicでの準備をすすめてこられました。
その初回審査が4月初旬にあり、エプロン伊藤、三ツ橋も立ち会わせていただきました。
お二人ともかなりの緊張の中、審査が始まりました…
書類や施設、圃場の確認を含め、審査時間は4時間におよびました。
新しくBasicに加わった【リスク評価】はお二人とも難しかったとお話しされていましたが、
今回審査を受けてぐっと理解が深まりました!

▼審査が終了し、審査報告書に最後のサインをする大林郁浩さん。
















お二人がお互い支え合って勉強されている姿を見てとても力強く感じました!
年々認証を続けていくことで、どんどん良い農場になっていくのだなと
今回立ち会って感じました。

▼審査終了、ホッとして顔も緩みます。國方一騎さん

















===================================
このお二人、今週はエプロン北川と同行して青森に行ってきました!

昨年は自分たちの商品が売られているお店を現場視察したので、
今年は長芋を加工していただいている加工場を見に行ったのです。

▼長芋を土付のままコンテナで出荷されています


















▼ここでは土付長芋を洗い、カットして真空パックに加工していただいています。





 ⇐真空パック機械。
 1時間で
 1500~1800PC製造可能です

 訪問時加工していたのは、
 国方さんの原料でした
 ↓
 ↓ 
 ↓
 ↓
 




 セットされた原料は
 袋に入り、パックされて

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 
 
 真空出来上がり!

 今年加工現場を視察したことで、
 前年の売り場視察と合わせて
 商品が到着してから
 加工し販売されるまでの流れを
 國方さん、大林さんお二人に
 理解してもらう事ができました。










お二方とも平成28年産については昨年の天候に影響を受けて
収量・品質は良いという状況ではなかったのですが、
今回の視察後の話の中で青森に負けない商品をつくりたいと
今期の作付けに向けて強い意気込みを感じました!

投稿者:MITSU

JGAP2016強化セミナーに参加しました。

投稿日時:2017年2月17日 10:25 金曜日
先日、札幌で開催されたJGAP2016強化セミナーにエプロン三ツ橋が参加しました。
2016年9月に「JGAP2016」として管理点と適合基準の要求事項の
新しくなった内容についての研修です。

今回の改定では、世界基準となるGFSI認証を目指している「Advance」と
日本の標準的なGAP「Basic」ができたということも有りますが、
「JGAP2016」は今までの「2010版」と比べて大幅な変更がありました。
特に大きな変更点はリスク評価の導入だと言えます。

セミナーには認証を取られている農場の方も多く参加されていました。
そこには、エプロンの生産者さんの姿が!
2015年にJGAPの認証を取得された、ファーム國方さんと大林農園さんです。
▼ファーム國方の國方一騎さん




 春の維持審査で
 「JGAP2010」から
 「JGAP2016Basic」に切り替える為

 お二人とも当日まだ暗い早朝に
 美幌町を出発し、
 セミナーに参加されました。











▼大林農園の大林郁浩さん(研修中の写真が取れませんでした)























リスク評価について、しっかり勉強して、
「春の審査に向けて頑張ります!」と頼もしいお二人です。

このセミナーではJGAP認証農場の方のお話を聞けたのも貴重な機会でした。
元々のJGAP導入の目的は、「差別化」や「円滑に農場の経営をするためのルールを作る為」、
「取引先に求められたから」などですが、

JGAPに取り組んでよかったこととしては
・「自分たちのためだけではなく、後に続く人の財産になる」
・「形にして後世に残せる」
・「お客様の信頼」を得られる
そこには後継者へ、また後継者が直接いなくても、
地域の農業を後世につなぐという思いがありました。


一方、残念だったこととしては
・「販売先や流通業者がGAPのことを知らない」
ということが印象に残りました。

農産物を取り扱う会社として、
GAPのことを伝えていく努力がもっと必要だと感じました。
社員皆が、説明できるように知識を高めて勉強をして
流通会社としての役割を担っていきたいと思います。


投稿者:MITSU

和田農園の長芋植え付け始まっています!

投稿日時:2016年5月23日 12:3 月曜日
先週の金曜日に、エプロン堀江と前田が帯広市・和田農園を訪問しました。
この日、帯広は30度を超す真夏日となりました。

▼長芋の種芋を植付作業の真っ最中。

















▼種芋を、1列に2名が乗り、手際よく種芋を置いていきます。
 堀江が機械に乗り込んで撮影させてもらいました。


▼前から見た様子。


和田農園では美味しい長芋を作るため肥料にこだわりがあります。
出来合いの肥料を使うだけではなく、
原料から吟味した「海」や「山」の素材をブレンドし製造した自家製肥料を使います。

▼肥料や土づくりへの思いを語る社長の和田政司さん。

















このあとの長芋作業としては、地上部のツルを支えるポールたて、ネットはりがあります。
▼ネットは秋の収穫時はまだつるが取りづらいので、1冬越してネットを張る前に
 前作のツルを取り除きます。この方が作業がはかどるそうです。


















▼白樺の向こうの畑は、4月末に種をまいたゴボウ畑です。

















 ごぼうの播種は全面積が昨日で終了しましたが、長芋の植え付けはもうしばらく続きます。

投稿者:mitsu

長芋の収穫が始まります!

投稿日時:2015年11月10日 10:18 火曜日
先週、エプロン北川が美幌町の長芋生産者を訪問しました。

何もない畑のように見えますが…土の下には新物「長芋」が収穫を待っています。
この日はちょうど地上部の葉を支えていたポールやネットを片付ける作業をしていました。
















▼長芋生産者の大林さん(左)と國方さん(右)です!
 






















この大林農園ファーム國方は今年JGAP認証農場になりました!
2月に行ったエプロン主催の「日本農業次世代サミット~若手後継者の会~」
國方さんの息子さんと大林さんが参加され、GAPについての講習会を受けて
「やってみたい」と奮起して、約半年というスピードでJGAPの認証を取得されました!























今年は台風でポールが倒れてしまったことも有り(上写真)、長芋の出来を心配していましたが
試し掘りをしたところ、その影響はあまりなさそうでした。
昨年の長芋は太物が多く作柄が良かったので、昨年に比べるとやや落ちますが
平年並みの収穫は見込めるのではないかという予想です。

今週から、本格的に収穫が始まります!















長芋のぬめりは糖とタンパク質が結びついた糖タンパク「ムチン」によります。
ムチンは、①粘膜の保護。②タンパク質が効率よく消化・吸収され、疲労回復
などの効果が期待できます。
他にもカリウム、マグネシウムなどのミネラルや、ビタミンB群、Cなどをバランス良く含んでいます。
消化を助けるジアスターゼ(こちらも熱には弱いですが)も豊富ですので、麦とろ飯は理にかなっています。
生ですりおろして生食べるのがムチンを摂取するにはベストですが
かゆくなる人は、火を通すのがおすすめです。食感も変わり美味しいです。

新物の長芋早速いただきました。

















「長芋のポテトサラダ」
長芋を茹でつぶし、オリーブオイル、塩、醤油、わさびで味付けした
海苔をまぶした、あっさり大人のポテトサラダです。
もちろん、マヨネーズでも美味しいですよ。

お子様には輪切りにしてフライパンで焼いてバターしょうゆなどもおすすめです!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 11月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30