1. ホーム
  2. 産地ブログ

”わだのごぼう”収穫開始

投稿日時:2022年10月1日 9:3 土曜日
たまねぎの収穫作業もようやく終盤を迎えてきました。

振り返ってみると9月は穏やかな日が多かったですが、6月~8月は各産地で降雨量が
多く、平年(折れ線グラフ)に対して棒グラフ(2022年)が高いのがわかります。


▼ 北海道内 たまねぎ生産地の降雨量













特に十勝地方(足寄町)の降雨量は平年と比較して、
6月:208%
7月:161%
8月:178%
と3ヶ月連続して平年値を大幅に超える降雨量を記録しました。

激しい降雨後の乾燥によって、“土壌クラスト”という土壌表面の固結が生じます。
収穫作業においては土塊として収穫されてしまうため、除去作業を行ってから収穫を行います。


▼ 土壌クラストの様子      (9/16撮影、十勝地方)

















土の表面が固まってひび割れが発生しています。

▼固結した土塊      (9/16撮影、十勝地方)

















たまねぎよりも大きい土塊が生じることがあります。
推定直径15cm!!



▼ 北海道産 玉ねぎ状況













収穫が残っている地域も10月上旬には収穫が全て完了する見通しとなっています。


➖➖➖➖➖➖ごぼう➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
“わだのごぼう”としてお馴染みの帯広市和田農園さんでは、ごぼうの収穫作業が始まりました。

▼ 生産者の和田親子

















春の播種作業は4/25~5/21と例年通りに行われました。
8月は連続した降雨と曇天が続きましたが、長年培った土作りの力と海藻系ミネラル葉面散布など、臨機応変に対応することで、大きな影響なく順調に生育しています。

例年通りの9/3より試し堀りを開始しされ、9/25からは本格的な収穫作業が10/25にまで行われます。


▼ 旺盛な生育をしているごぼう畑        (9/26撮影)

















和田農園では35haのごぼうを作付しており、約800tのごぼうを収穫、来年9月まで通年かけて出荷を続けていきます。

新物ごぼうを待ち望んでいる方も多いと思います。
今年も“わだのごぼう”をたっぷりと楽しむことが出来そう

投稿者:itoshin

十勝のごぼうとブロッコリー

投稿日時:2021年9月3日 10:17 金曜日
少し時間が経ってしまいましたが、8月19日~からの産地状況をお伝えします。

★【帯広市】和田農園 ごぼう
▼8.19撮影 和田農園 ごぼう圃場

















以前お伝えしたように、4月末の大雨により発芽不良を起こした圃場もありましたが、
その後の干ばつの影響はほとんど受けず、上記の写真のように葉の緑も強く大きな葉っぱに育っていました!

▼左から和田政司社長と和田誠さんです。
















誠さんが1本ごぼうを抜いてくださりました。写真からわかるように、一か月前に比べても立派に育っていますね。
大きな遅れもなく、収穫は例年通りもう間もなくの9月13日頃からを予定しています。
みんなでこちらのごぼうを試食したところ、えぐみも少なく、甘みがありました。

言わずもがな今年も“わだのごぼう”はおいしさ満点なので、皆様お楽しみに!

▼続いて、8.19撮影 長いもの圃場















こちらは手前しか写っておりませんが、ずっと奥に約270m程続いており、一棟に約50本の長いもを植えています。
ごぼう同様和田さんの長いもとネバリスターも生育順調だそうです。

★ネバリスターとは…長芋と大和芋のよさを受け継いだ山芋で大きさは小ぶり。
しかしながら粘りは長芋の2倍以上で甘みがあり、滑らかな舌触りでクセのない味です。
長芋とどちらを美味しいと思うかは、さらさらが好きかネバネバが好きかの完璧に好みですね。

▼粘りが強いネバリスター

















和田農園と言えばごぼうにフィーチャーされがちですが、こちらのネバリスターも自慢の一品ですよ!

***

★【音更町】得地農場 ブロッコリー
▼8.20撮影 得地農場ブロッコリー 収穫の様子


得地さんでは、農薬化学肥料を半分以下削減した《特別栽培》でこだわりのブロッコリーを作っています。
得地さんでも干ばつの影響を受けていましたが、中生・晩生に向かって収量が回復してきていました。
このまま10月中頃まで頑張って出荷していきます!!

▼高温・干ばつの影響を受け、今年は↓のような花蕾のブロッコリーが各地で多く流通しています。

















少し花蕾がボコボコとしているのがわかりますね。
このようなブロッコリーは例年でもあまり見たことがなく、高温と干ばつの影響が強くでていますが、花蕾自体はぎゅっと締まっており、食味にも問題はありません。

投稿者:tomo

和田さんのごぼう!

投稿日時:2021年7月14日 14:45 水曜日
今回は、「わだのごぼう」でお馴染みの和田農園の2021年産ごぼうの生育状況をお伝えします。

















※こちらの写真は過去に撮影したものです。
生産者は、にっこり笑顔が素敵な和田政司さんと実直でしっかり者の誠さん親子です。

▼7.10撮影 和田農園 ごぼうの圃場(4月28日から播種をスタートしました。)
















写真のように、青々とした綺麗な葉が伸びてきているのですが、
実は播種2日後の4月30日に合計降水量約60mmの雨が降り、
土壌がクラストしてしまった圃場がありました。
(クラスト※地表面が乾燥したところに降雨があると表層の土塊が崩壊して、
表層部に細粒子が詰まり固くなってしまうこと)


クラストにより、初回播種分の5割程度の圃場に発芽不良が起きてしまいました。

発芽するまでも、天候や状況に大きく左右されてしまうなんて、自然を相手にする農業の厳しさが改めてよくわかりますね…。


その後播種した圃場はクラストせず、なんとか順調に生育しています。
▼そんな中、和田誠さんがせっかくだから、と、生育途中のごぼうを…

















生育途中のごぼうを、現在までの生育状況がわかるようにと、わざわざ抜いて見せてくださいました!(ありがたい!)





収穫予定が9月中旬のゴボウなので、
まだかわいらしい大きさですね!
写真のボールペンが15cm程なので、
可食部の部分はまだ20cm程ですね。

でも、小さくても流石は和田さんのごぼう!

切ってみると、ゴボウの強い香りがしっかり香ってきました。

たくさんのファンが待ち望んでいる「わだのごぼう」
出荷が始まる9月下旬が楽しみですね!!


また、和田さんでは長芋も作られています。
長芋の植え付けは5月のG.W頃行われ、収穫はゴボウより1か月半遅い11月上旬を予定しています。
こちらもまたご報告していきますね!

投稿者:tomo

大雪を囲む会

投稿日時:2018年10月16日 10:51 火曜日
多事の為、長らく更新をご無沙汰してしました。
今年は、水害、台風、地震等甚大な災害が続きました、
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

今年の北海道は、7月の長雨、その後の干ばつと気候的にも非常に厳しく、
人参、南瓜など多くの農作物の作況にも影響が及びました。

**********************************
先月、先週とエプロン社員が
有機農産物のグループ<大雪を囲む会>を訪問しました。

▼大雪を囲む会代表:一戸農場(美幌町)
 ゴボウの圃場 ゴボウは9/20から収穫が始まりました。


















昨年は太物ゴボウが多く出ましたが、今年はLM位が多そうです、
生育は悪くなく、収量は平年よりやや減の見込みです。

こちらは、収穫前の圃場です。上の葉を取った状態ですが土の中には
ごぼうがありました。
























▼ゴボウを引き抜きました【動画】
 ゴボウの土にある様子がよくわかります。


【にんじん】
メンバーの地域で作況は違いますが、大雪を囲む会グループ全体としては、
昨年の6~7割の収穫量にとどまりました。

















今年はサイズが小さくても割れが目立っており、
加工用(ジュース)として出荷されたものも多かったといいます。
























【ばれいしょ】
男爵・メークインともに小玉傾向で、Sが多く発生しています。
「小玉でも、味は良いので是非たくさん食べてほしいです」と一戸さん

















もうすっかり秋になりましたので、ホクホク根物土物をたくさんとって、
体を温めたいですね。

投稿者:MITSU