1. ホーム
  2. 産地ブログ

じゃが芋マルチ剥ぎ作業とハウスアスパラ定植作業

投稿日時:2020年6月1日 15:1 月曜日
今週の北海道は一気に気温が上がり、夏の様な天気となりました。

オホーツク地方では5月30日以降連続して最高気温が30℃を越える真夏日を記録しており、
少し遅れ気味だったタマネギの生育も遅れを取り戻しています!


以前の産地ブログ(4月7日、4月20日)にて紹介しました、
美瑛馬鈴薯出荷グループ、寺島さんのじゃが芋(男爵)ですが、低温対策のパオパオを撤去する作業が行われています。

▼パオパオ撤去作業(男爵)



家族総出での作業には、3人の息子さん達(13歳)(11歳)(8歳)も大活躍です。



芽出し作業 ⇒ パオパオ被覆作業 ⇒ パオパオ除去作業 ここまで大変な作業
を行いました。

気になる生育差はコチラです!














こんなに生育に差がついています!

最も早い『芽出し+パオパオ』は通常パオパオよりも7日程生育が早く、7月20日頃の収穫を目指しています。


ここから先の生育は自然の恵みを受けて、成長していきます。




富良野の匠ファームからは、少し珍しい作業風景を紹介します。

それはハウスアスパラの定植作業です!

前回の産地ブログにて露地アスパラの収穫や選果の様子をお届けしましたが、

露地の収穫時期は、ハウスの定植時期でもあるんです。


▼植付けする苗はとても細く、慎重に扱います。









植付けはもちろん手作業!

約360坪のハウスへ4000本の苗を植え付けました。

▼植付けの様子


30cm間隔で丁寧に植えをします、株間に土を盛っているのは、マルチ内で熱せられた

熱風が植付け穴からアスパラ苗を直撃するのを防ぐためです。

この熱風により苗が枯れてしまうこともあるので、とても大事な作業になります。


これからハウス内で、温度管理・水分管理を続けます。

2年目となる来年は『生育が順調に行けば、数日間収穫はできる』とのこと。

養分をしっかり貯めて、再来年の3月下旬頃からの本収穫を目指します。

今回植付けを行った品種:ウェルカムATは太物の発生率が高い特性がありますので、

順調に生育し収穫を迎える日が待ち遠しいです。

投稿者:itoshin

北海道産、露地アスパラ最盛期

投稿日時:2020年5月26日 16:55 火曜日
北海道中央に位置する上川地方は、アスパラガスの作付が400㏊を越える一大産地です。現在は、露地アスパラの収穫がピークを迎えています。

記録的な暖冬・降雪の少なさから一転、肌寒い春の天気が続いていましたが、先週末からは平均気温が12℃以上となる日が続いており、一斉に萌芽伸長してきますので、従業員総出で収穫作業が行われています。



▼ アスパラ収穫の様子(美瑛町5月23日、品種:コロポックル)






















収穫作業は、もちろん手作業。
腰を曲げて1本1本丁寧に収穫します。

▼収穫作業の様子

(動画中のボツボツといった音は、雨が傘に当る音です)


収穫されたアスパラは選果場へと持ち込まれ、根元をカットし重量選別機で自動選別されます。


▼ アスパラ選別の様子



1時間当りに100kg~120kgの作業が可能ですが、選別皿へは1本1本手作業で乗せるため人手の掛かる作業です。


収穫から選別・結束まで作業のほとんどを手作業で行うため、とても手が掛かる作業となります。

また、最低気温が3~4℃以下となると、凍霜害により障害を受けてしまうことがあるので、まだまだ油断できないと生産者は口を揃えます。

短い期間ですが、6月10日頃までが収穫のピークとなるようです。





一方、タマネギでは低温により少し生育が遅れていますが、草丈が15cmを越え、
順調に生育しています。

▼ タマネギ生育状況(江別市上村さん、4/18定植、5/20撮影、品種:オホーツク222)

















江別市の上村さんでは、定植作業は順調に行われ、4月18日に終了したものの、以降は少量の雨が短い間隔で降ることにより地表近くに水分があるため、根が下に向かって伸びていかない『上根』の症状も見られます。


『気温が上がり、まとまった雨が降ってくれれば改善されていく』とのことでした。

気温が上がり、正常通りの生育になることを願っています。

投稿者:itoshin

北海道ハウス栽培アスパラガス出荷始まります!

投稿日時:2020年3月31日 11:15 火曜日
北海道のハウス栽培アスパラガスの出荷が始まります。富良野・恵庭等の産地は徐々に出荷し始めてる地域もあります。
JA今金町に訪問しました。今金町といえば、馬鈴薯「男爵」の名門産地であります。GI登録もしており、まず最初にこの品目が思い浮かびます。今回は、馬鈴薯でなくハウス栽培のアスパラガスです。こちらの方も良質で美味しく市場に出回るのも早い品目であります。冬の厳寒期も乗り越えこの時期まで温度管理等に注意しながら良い状態に仕上げ、4月上旬からは本格的に収穫作業が始まります。

▼今金町といえば「男爵」ですが・・・・・












▼今回は、今金町ハウス栽培アスパラガスです!(3月26日撮影)











▼すくすくと育っています!











▼今金町生産者・農事組合法人ぴりかファーム、西さんと新保さんです。
 「旬のアスパラガスをたくさん食べて下さい。」












さて、もう一つは大産地である富良野・中富良野地区の状況です。
こちらの積雪状況は例年の7割程度で、畑の雪解けも2週間早いです。
ハウス栽培のアスパラガスの生育状況は、皆さん一様に順調であり、収穫作業もすでに始まっている生産者の方もいました。


▼すでに畑は、春耕起作業等が出来そうな圃場もありました。(3月26日撮影)











▼茎もしっかりしてます。ぐんぐん伸びてます。


























▼収獲してます。美味しそうです。












北海道のハウス栽培アスパラガスは、4月に入ってくると本格的に収穫・出荷が始まります。
みずみずしい美味しいアスパラガスがもう少しで食べれます。

投稿者:murata

玉葱育苗状況・アスパラハウス準備中

投稿日時:2020年3月4日 16:51 水曜日
今現在、北海道は新型コロナウィルスの影響で何となく活発に行動出来ない状況です。
ただし、こと農業に関してはそんなことは関係なく今まで通り力強く進んでいます。
北海道南空知地区の玉葱育苗状況は、毎日のハウスの温度管理作業等に充分に注意しており、順調に発芽が進んでおります。播種時にシルバーの被覆材を掛けていましたが、そろそろ剥がす時期でその作業に追われています。また、畑も雪解けをさらに促すために、融雪剤も散布しました。

▼融雪剤を撒きました!












▼育苗も順調です。シルバーを取っていきます。











▼きれいに発芽しています。











▼近くで見ます。











アスパラに関しては、富良野地区では農家の方がハウスの準備をしている最中です。
ハウスの中にも雪がまだ残っていて、その下には、養分転流の為に残した、茎も見えています。これらをキレイにして本格的に始まります。
まだ、近隣の山々を見るときれいな雪景色です。











▼ハウス廻りの雪除雪、ハウス等の準備中です。























▼ハウス内のまだ雪があります。前作の茎もあります。

投稿者:murata

アスパラ産地訪問

投稿日時:2018年4月26日 10:33 木曜日
今週初め、エプロン進藤がコープこうべ川崎バイヤー、新三協 堂前社長と
アスパラの産地を訪問しました。
ハウスアスパラの出荷が続いていますが、そろそろ道内露地物の出荷も始まります。

【ホワイトアスパラ産地・サンファーム(ルスツ)】
▼サンファーム高田社長 左奥の緑色の部分は、1~2年目の育成中のアスパラです。














▼まだ昨年のアスパラの茎が残っています。
 ホワイトアスパラは、これから培土をして5月中下旬頃から収穫が始まる予定です。
















【グリーンアスパラ産地・丸巳(矢澤農園/東川町)】
今年は例年よりも早く出てきそう、収穫量も順調に取れるとよいのですが。













▼丸巳は3月末にアスパラを始め12品目でASIAGAPの認証を取得しました!






















今年は暖かい日が続いたりして、桜も例年より1週間近く早い開花です。
アスパラも早く萌芽しそうですが、暖かいかと思うと明日も急に寒さが戻ったり、
遅霜などの可能性もないわけではなく、油断はできません。

▼途中、美瑛のアスパラ畑ではもう芽を出しているところがありました!



















投稿者:MITSU
前の月
2021年 04月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30