1. ホーム
  2. 産地ブログ

北海道農作物作況と…オホーツクの砂嵐

投稿日時:2019年5月20日 17:9 月曜日
5月20日月曜日 
オホーツク地方 一週間以上雨が降っておらず 地面が乾燥していました。
そこに 瞬間最大風速美幌21m、小清水28.6mの強風。
砂が巻き上げられ、砂嵐のようになりました。
車を運転していても猛吹雪のホワイトアウトの様に前が見えなくなるような状況でした。
▼動画は美幌町の15時頃の様子



詳しい被害状況はまだ不明ですが、苗がなくなったり、ハウスに穴が開いたり
しているところも有るようです…。
風が強いだけに、玉葱苗のダメージが心配されます…。

▼追記 5/21 砂嵐の後のダメージを受けた苗(小清水町)


















<5/15現在の北海道農産物生育状況が発表されました>
●たまねぎ 植え付け作業は平年よりやや早く終了しました。








エプロン産地の状況は…
○南空知 岩見沢栗山のほとんどは4月中に定植終了。5/3頃迄にはほぼ終了。
    定植後に雨があり、状況は良好。
○オホーツク 北見・美幌は5/4頃迄にはほぼ終了。
       小清水地区は5/10頃終了
       定植後も干ばつ気味だったうえに、5/20の砂嵐がありました。
       今後の生育への影響が懸念されます。

○十勝 平年並みに定植終了。足寄は定植後の雨で順調。
    その他の十勝地方は非常に雨が少なく干ばつ状態。

5/21の雨が待ち遠しい状況です。     
▼4月16日~5月15日半旬ごと降水量、気温、日照時間(岩見沢、美幌)


















▼5月9日 撮影 美幌町 雨は少ない状態でしたがこの時点では順調でしたが…


















▼5月14日撮影 足寄町 極早生品種 順調な生育


















▼5月10日撮影 南空知 極早生品種 順調な生育でした


















十勝・オホーツクの干ばつ状態も気がかりでしたが、
オホーツクの砂嵐・・・風速20m超える強風で砂が叩きつけられていますので
今後の影響が心配されます。

●ばれいしょ 植え付け作業は平年よりやや早く終了しました。

 エプロン産地
 ○美瑛馬鈴薯出荷グループでは
  5月頭~GW中に植え付けが終了しました。
  気象データで美瑛の降水量が
  5/6~5/10で24mmありますが
  産地のあるルベシベ地区では、
  まとまった降水にならず、
  雨不足気味です。

 ○ようてい地区
  例年並みにGW明け頃から植付スタートし終了しました。


▼美瑛 ルベシベ地区 馬鈴薯植え付け作業の様子
















▼4月16日~5月15日半旬ごと降水量、気温、日照時間(美瑛、帯広)




















●ブロッコリー 植え付け作業は平年並みに開始しました。
道  央:昨年より遅いが、例年並みの4/12から定植開始。6月中旬から出荷開始予定。
十  勝:得地農場では4/28~定植開始。干ばつ気味で生育が遅れている。

丸巳(東川):4/30~定植開始したものの、雨や低温が続いたことで圃場が乾かず
       5/5から1週間程度定植ができていないため、最初の定植から間がある。
       大根や人参などの他の品目も同様。
萌育実(美瑛):5/13 から平年並みに定植開始。

▼5月16日撮影 音更町・得地農場 4/28~定植した最も早く収穫予定の圃場。
 パオパオをかけています。


















▼雨が10日以上降っておらず、
 訪問日5/16には 作業中も砂が巻き上がり前が見えないような乾燥状態でした。
雨が降れば回復が見られますが、枯れかけた苗も一部見受けられした。























5月21日は北海道各地で雨、干ばつ気味だった地域では恵みの雨になってくれそうです。

投稿者:MITSU

ひぜん産直の会 九州 玉ねぎ・馬鈴薯作況

投稿日時:2019年4月22日 14:47 月曜日
北海道玉ねぎ定植作業は先週末から本格的に開始しています。

一方、【ひぜん産直の会】佐賀白石地区では極早生品種が終了し、
早生玉ねぎ出荷のピークを迎えています。【4月19~20日訪問】
▼ハサミで根と茎をカットしてプラコンへ収穫します。

















雨が少なく、多少干ばつ気味ですが生育は良好で、べと病も広がっていません。

















大玉2Lの比率が高く、L以上のものが8割を占めています。
コンテナの並び間隔でおよその反収がわかります。この圃場は約6トン
















5月中旬からは中晩生品種へと移行しますが、
ベト病の発生がみられる圃場も有りました。
今後の天候次第で中晩生の作況は変わってきそうです。


▼収穫した玉ねぎを選果場で鉄コンへ受入れ

















▼選果場で選別されて全国へ出荷します。

















今回の訪問では、ならコープの産直点検を
生協適正農業規範団体版・生産者版それぞれにもとづいて実施しました。

生産者版では長崎県・南島原市で馬鈴薯と玉葱の生産者さんを点検しました。
次回、点検予定の生産者も一緒に確認しました。

















ばれいしょの状況は、干ばつ気味の天候が続いているのが気になりますが、
今年は一度も霜の被害がなかったため、いまのところ順調でした。
















投稿者:

九州で試食会実施しました!

投稿日時:2018年12月21日 13:7 金曜日
12月17日(月)福岡県・エフコープ店舗で
美瑛馬鈴薯出荷グループの試食販売会を行いました。
美瑛から外山明美さん、寺島友香さん、大西幹奈子さんの3名が
おすすめのレシピの試食で、美瑛のじゃがいもをピーアールしました。

▼試食販売をお手伝いいただいたエフコープの理事さんと美瑛の3名

















▼一緒に試食してもらう料理の準備
















▼今回紹介した食べ方はレシピも作って持っていきました。
(⇒レシピページはこちら















毎日料理をする方が悩む献立に役立ててもらえるよう、レシピを配布したところ
興味持っていただき、実際食べてもらうとどれも美味しいと大好評!

 美瑛馬鈴薯出荷グループではおなじみのはるかの「シャキシャキサラダ(左)」と
 北海道の定番キタアカリの「いももち(右)」と「ジャガバタ―」を試食提供しました。
とくに「いももち」は九州ではなじみがないようで、人気がありました。










この日は2店舗で試食販売を実施しました。美瑛の3人はそろいのハッピを着て


















店頭でお客様の話を聞くと、キタアカリの人気・認知度がとても高かったです。
普段店頭でキタアカリを販売していないので、
「探していた」「いつも売っているのか」などの声も有りました。
はるかはまだメジャーな品種ではありませんが、芽が浅く調理がしやすいことや
試食をいただいて購入いただける方が多く、あっという間に残りわずかになりました。

















美瑛の馬鈴薯を楽しみにしてくれている組合員さんもおり、励みになったと生産者の皆さん。
もっと多くの人に美瑛のじゃがいもを食べていただきたいです!

投稿者:mitsu

じゃがいも発芽実験

投稿日時:2018年11月22日 15:19 木曜日
エプロンではじゃがいもの発芽抑制の実験中です。
従来の袋と発芽抑制がある新しい袋でどれくらい差があるのか
芽が動きやすい品種代表「インカのめざめ」
弊社の一室《温度変化あり、光も当る場所》において比較しました。
▼【1日目】左)従来の一般的な袋         右)新パッケージ
















一週間たつと、違いが出てきました・・・!!
従来の袋は早くも芽が出ているのがはっきりわかる状態に
▼【8日目】左)従来の一般的な袋⇒発芽!      右)新パッケージ
















約2週間たっても、新パッケージの方は全く芽が出ていません。
▼【13日目】左)従来の一般的な袋⇒発芽!      右)新パッケージ
















▼一般的な袋の方は発芽があちこちで見られます

















▼右側、新パッケージは発芽の気配も見られません!

















芽の出やすいインカのめざめでこれだけ差がついたら、
他の品種でも発芽抑制効果が期待できます。
このパッケージを使用して、インカのめざめや
春先3月~4月の北海道産じゃがいもの販売拡大も期待できると考えています。

投稿者:mitsu

大雪を囲む会

投稿日時:2018年10月16日 10:51 火曜日
多事の為、長らく更新をご無沙汰してしました。
今年は、水害、台風、地震等甚大な災害が続きました、
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

今年の北海道は、7月の長雨、その後の干ばつと気候的にも非常に厳しく、
人参、南瓜など多くの農作物の作況にも影響が及びました。

**********************************
先月、先週とエプロン社員が
有機農産物のグループ<大雪を囲む会>を訪問しました。

▼大雪を囲む会代表:一戸農場(美幌町)
 ゴボウの圃場 ゴボウは9/20から収穫が始まりました。


















昨年は太物ゴボウが多く出ましたが、今年はLM位が多そうです、
生育は悪くなく、収量は平年よりやや減の見込みです。

こちらは、収穫前の圃場です。上の葉を取った状態ですが土の中には
ごぼうがありました。
























▼ゴボウを引き抜きました【動画】
 ゴボウの土にある様子がよくわかります。


【にんじん】
メンバーの地域で作況は違いますが、大雪を囲む会グループ全体としては、
昨年の6~7割の収穫量にとどまりました。

















今年はサイズが小さくても割れが目立っており、
加工用(ジュース)として出荷されたものも多かったといいます。
























【ばれいしょ】
男爵・メークインともに小玉傾向で、Sが多く発生しています。
「小玉でも、味は良いので是非たくさん食べてほしいです」と一戸さん

















もうすっかり秋になりましたので、ホクホク根物土物をたくさんとって、
体を温めたいですね。

投稿者:MITSU
前の月
2019年 06月
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30