1. ホーム
  2. 産地ブログ

生協産直点検(オホーツク玉葱、美瑛馬鈴薯、JA十勝池田)

投稿日時:2018年6月14日 10:30 木曜日
先週、生協の産直産直点検が各地で行われました。

オホーツク玉葱出荷グループ 
6月6日 コープデリ、コープ九州 2生協の合同点検を実施しました。

















今年の生産者編適正農業規範(生協GAP)点検は、美幌町の仙頭さんです。
▼仙頭佳斉さん(左) コープ九州本田さん(中) コープデリ飯田さん


















GAPの必要性を感じ、息子の慶斉さんが今年JGAP指導員資格を取得され
倉庫内・農薬庫内は整理整頓がされており、素晴らしい管理がされていました。

















団体編では、エプロンが事務局として点検を受けました。


美瑛馬鈴薯出荷グループ
6月7日コープ九州の産直点検を実施しました。
今年の生産者編適正農業規範(生協GAP)点検は、美瑛町の大西さんです。

















農場管理、帳票管理が日頃よりされており、とてもスムーズに点検を実施できました。
来年度の点検者寺島さん夫婦が見学されて、来年の予習をしました。

▼培土も完了し順調に生育しているばれいしょ 6月7日撮影

















ところが、先日6月12日に大雨が降り…(美瑛町は降水量72mm)
美瑛の傾斜地に、短時間で一気に雨が降ったことで、川のようになってしまいました。
▼雨で流れた圃場 6月12日撮影

















もう、芋を倒してしまう可能性も有るので機械で培土は入れないので
土が乾いてから手作業でやるかどうか検討しているそうです…。


JA十勝池田町
6月8日コープ九州の産直点検を実施しました。

コープ九州の産直点検は今年で3回目、帳票類が整備されていて、
管理状況も改善が重ねられています。

▼JA十勝池田町 秋野課長(奥)


















▼インカのめざめの圃場です















北海道の農業シーズンが到来し、生協各産直産地では
続々と適正農業規範(生協GAP)による産直点検が実施されており
(各地でブログに掲載しきれていないものもあり)
これからも予定が入っております。
毎年継続して点検を行うことで、農場やグループの実態を確認し
改善を重ねてより良い運営をめざしております。

投稿者:MITSU

大牧農場の馬鈴薯ホッカイコガネ

投稿日時:2018年5月29日 11:7 火曜日
昨年度からコープきんきの産直産地になりました【大牧農場(音更町)】
コープしが村上さんとエプロン進藤が訪問しました。

▼(左)大牧農場 宮田社長 五十川農場のホッカイコガネ畑です。















▼写真左端側は男爵(ピンク矢印方向)を右側は北海黄金(黄緑矢印方向)が
 植えられています。このように植えたものを【枕男爵】というそうです
 ※圃場の端のことを「枕(まくら)、枕地」といいます。枕で機械を旋回したりします。













早生の男爵が先に収穫できるため、収穫したあとスペースに
鉄コンや農機を置いたり作業スペースとして使えるのだそうです。

▼萌芽してきていました。

















昨年産の馬鈴薯を保管している、
自然エネルギーを有効活用した雪室貯蔵庫を見せていただきました。















▼これから出荷予定のホッカイコガネ。美味しさのってます!
 雪の適度な湿度と、温度で品質を保って保管されています。













▼雪もまだ残っていました。

投稿者:MITSU

一戸農場 農作業の様子

投稿日時:2018年5月24日 9:47 木曜日
有機JAS農産物生産者グループ「大雪を囲む会」
代表一戸さんより現在の農作業の画像が届きましたので紹介します。

▼美幌町もさわやかな季節になってきました。(白樺の花粉症の方にはつらい季節です)


















▼4月に種を播いたオーガニック【人参】の圃場に、早速草取りに入りました。

















化学合成農薬、化学肥料は使用しない有機栽培ですので
もちろん除草剤も使いませんので、人力で草を取ります。
器具を使うと、土をひっくり返してまた雑草が出てくるので
手でひたすら抜きます。草取りのスピードは一人1日約3a
…毎日どこかの圃場で除草作業に入っています。大変な労力です。

【男爵薯】一回目の培土は萌芽するかしないかという時期に行います。
除草の効果もあります。
この後、仮培土、本培土と計3回行います。


















▼【雑穀】の播種も始まりました!5/21は黒大豆、5/24は小豆をまきました~
 操縦は一戸義則さん。

















農作業が続き、忙しい季節です。

投稿者:MITSU

大雪を囲む会・一戸農場「はじまりました!」

投稿日時:2018年4月25日 14:41 水曜日
有機農産物を作っている「大雪を囲む会」では、春の植え付けが始まっています!
大雪を囲む会は美幌町、小清水町、清里町、北見市、滝川市、
新十津川町、中富良野町、上富良野町と道内各地にメンバーが10名おり
人参、馬鈴薯、玉葱、南瓜、ゴボウなど様々な品目を約136haの面積で有機栽培しています。


大雪を囲む会の代表も務める美幌町・一戸農場の播種作業の様子です
▼人参の種まきが一番最初に始まりました。

















▼今日、男爵薯の植え付けも始まりました!

















▼後ろには4人が種芋係として乗っています

















これからどんどんと播種作業が続きます!

投稿者:MITSU

ひぜん産直の会 馬鈴薯と玉葱

投稿日時:2018年4月5日 10:41 木曜日
先週末、ひぜん産直会でならコープの産直点検があり
ならコープ沼澤さんとエプロン進藤が長崎・佐賀の産地を訪問しました。

1日目は、長崎 南島原市で馬鈴薯と玉葱を出荷いただいている林田さんで
生協適正農業規範(GAP)の生産者編で点検を行いました。

▼目が出そろったばかりの馬鈴薯「ニシユタカ」の圃場。













▼この日は、馬鈴薯の「芽出し」作業をされていました。













▼マルチの中で発芽した芽を放置すると温度が上がり、芽が焼けてしまうので
 棒の先にカギ針状のものがついた道具を使って、
 マルチに穴をあけて芽をマルチから出します。














マルチが黒いので芽が見えませんが、盛り上がりを見てこのあたりだとわかるそうです。
この、1つ1つ穴をあける作業はお二人で半日やって約6反分位だそうで…!

▼先に植えた馬鈴薯は地温が上がりやすい透明のマルチを使用しています。
 定植が遅い時期の圃場は上のような黒いマルチを使います。















2日目は、佐賀の玉葱の点検を行いました。
▼ひぜん産直の会の選果場がある白石町の大和青果で団体編の点検を行いました。













今年度から、適正農業規範の内容が改訂され、
昨年までの版より項目も増え、大きく変わりました。
再度書類等も整備して、管理・改善していかなければなりません。

▼佐賀の早生玉葱「レクスター」の圃場です













3月に入るまでの低温などが影響し、
平年より生育が2週間以上遅れているところもあります。
















中晩生の圃場です。こちらは病気の発生はありませんでしたが、
周辺では「ベト病」の発生が広がっている圃場も有りました。














▼佐賀(白石)、長崎(口之津)の気象データです
 3月に入るまで平年を下回る気温が多かったですが、
 3月以降は、逆に平年を上回る暖かい日が多くなりました。














▼3月20日以降の長崎、佐賀の日別降水量と平均気温の推移データです。







3月23日から晴天が続き、平均気温が平年を大きく上回る日が続いていました。
雨が連続2週間降っておらず、マルチの中も乾燥し始めていて
明日の雨を待っている状態です。

また、気温が高い日が続いていたことも有り、
ベト病の発生注意報が4月4日に佐賀県から発表されました。
今年は、発生率は平成28年に比べると低いが、前年に比べると早いので
「平年よりも発生が多くなる」のではないかという予想です。

今後も羅病株の抜き取りの徹底と防除管理でベト病対策の徹底が必要です。

投稿者:MITSU
前の月
2018年 06月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30