1. ホーム
  2. 産地ブログ

大雪を囲む会・一戸農場「はじまりました!」

投稿日時:2018年4月25日 14:41 水曜日
有機農産物を作っている「大雪を囲む会」では、春の植え付けが始まっています!
大雪を囲む会は美幌町、小清水町、清里町、北見市、滝川市、
新十津川町、中富良野町、上富良野町と道内各地にメンバーが10名おり
人参、馬鈴薯、玉葱、南瓜、ゴボウなど様々な品目を約136haの面積で有機栽培しています。


大雪を囲む会の代表も務める美幌町・一戸農場の播種作業の様子です
▼人参の種まきが一番最初に始まりました。

















▼今日、男爵薯の植え付けも始まりました!

















▼後ろには4人が種芋係として乗っています

















これからどんどんと播種作業が続きます!

投稿者:MITSU

ひぜん産直の会 馬鈴薯と玉葱

投稿日時:2018年4月5日 10:41 木曜日
先週末、ひぜん産直会でならコープの産直点検があり
ならコープ沼澤さんとエプロン進藤が長崎・佐賀の産地を訪問しました。

1日目は、長崎 南島原市で馬鈴薯と玉葱を出荷いただいている林田さんで
生協適正農業規範(GAP)の生産者編で点検を行いました。

▼目が出そろったばかりの馬鈴薯「ニシユタカ」の圃場。













▼この日は、馬鈴薯の「芽出し」作業をされていました。













▼マルチの中で発芽した芽を放置すると温度が上がり、芽が焼けてしまうので
 棒の先にカギ針状のものがついた道具を使って、
 マルチに穴をあけて芽をマルチから出します。














マルチが黒いので芽が見えませんが、盛り上がりを見てこのあたりだとわかるそうです。
この、1つ1つ穴をあける作業はお二人で半日やって約6反分位だそうで…!

▼先に植えた馬鈴薯は地温が上がりやすい透明のマルチを使用しています。
 定植が遅い時期の圃場は上のような黒いマルチを使います。















2日目は、佐賀の玉葱の点検を行いました。
▼ひぜん産直の会の選果場がある白石町の大和青果で団体編の点検を行いました。













今年度から、適正農業規範の内容が改訂され、
昨年までの版より項目も増え、大きく変わりました。
再度書類等も整備して、管理・改善していかなければなりません。

▼佐賀の早生玉葱「レクスター」の圃場です













3月に入るまでの低温などが影響し、
平年より生育が2週間以上遅れているところもあります。
















中晩生の圃場です。こちらは病気の発生はありませんでしたが、
周辺では「ベト病」の発生が広がっている圃場も有りました。














▼佐賀(白石)、長崎(口之津)の気象データです
 3月に入るまで平年を下回る気温が多かったですが、
 3月以降は、逆に平年を上回る暖かい日が多くなりました。














▼3月20日以降の長崎、佐賀の日別降水量と平均気温の推移データです。







3月23日から晴天が続き、平均気温が平年を大きく上回る日が続いていました。
雨が連続2週間降っておらず、マルチの中も乾燥し始めていて
明日の雨を待っている状態です。

また、気温が高い日が続いていたことも有り、
ベト病の発生注意報が4月4日に佐賀県から発表されました。
今年は、発生率は平成28年に比べると低いが、前年に比べると早いので
「平年よりも発生が多くなる」のではないかという予想です。

今後も羅病株の抜き取りの徹底と防除管理でベト病対策の徹底が必要です。

投稿者:MITSU

美瑛馬鈴薯出荷グループ納会開催

投稿日時:2018年1月26日 12: 金曜日
今週火曜に、美瑛馬鈴薯出荷グループの納会が登別で開催されました。
グループからは5家族計11名、エプロンからは馬鈴薯担当堀江他5名が参加しました。

▼代表 外山貴司さんからのあいさつ

















2017年産馬鈴薯は、小粒傾向だったため、収量は平年よりやや少なめでした。
前年と比べて相場が悪い中でも、しっかり販売してもらえたこと
また、産直産地先である生協のバイヤーや理事の方々など多くの方々に
産地を訪問していただき、理解と支持を頂いていることで
支えられていることを実感しているとのお話でした。

たくさん食べていただきたいという思いは強く、
お客様のニーズにこたえて、味や品質の向上、特別栽培の継続、GAPへの取り組みなど
実施して自分たちのじゃがいもの価値を高めていきたいと皆アグレッシブでした!

















より良いものを作るにはまず土壌づくり
2018年は美瑛馬鈴薯出荷グループの全員がエプロンミネラル肥料「ソイルバランス」を
40㎏(10a当り)以上使用して、【ミネラル栽培】を強化します!

▼〆の挨拶は斉藤幸一さん。奥は司会の大西弘樹さん。
大西さん、寺島さんに続き、今年は斉藤さんが幸一さんから雅司さんへ代替わりされます。

















2018年は、より活気のある一年にしていきたいと思います。

投稿者:MITSU

エプロン産地 ミネラル肥料を使っています!

投稿日時:2017年12月12日 11:53 火曜日
エプロンの取引農場(玉ねぎ、馬鈴薯、ブロッコリー、人参 他)では、
オリジナルミネラル肥料「ソイルバランス」を使った
「ミネラル栽培」への取り組みを一昨年からすすめています。
とくに、南空知玉葱出荷グループや美瑛馬鈴薯出荷グループは、
2017年度より、グループメンバー全員「ソイルバランス」を使用しました。

2018年度からは今までの「ソイルバランス」に、
カルシウムを強化した「ソイルバランスCa」が加わり2種類になります。


















土壌診断に基づき、ミネラルを2種類から選んで使用していただきます。
美瑛馬鈴薯出荷グループでは、来年度はソイルバランスの反当施用量を増やし、
よりそれぞれの畑に合った方を選び、ミネラル強化の栽培を行うことになりました。

結果がわかりやすく目にみえるものではありませんが、
毎年の積み重ねが土作り、作物作りへとつながりますので
今後もエプロンでは一丸となって「ミネラル栽培」の大切さを多くの生産者へ
広めていきます。
また同時に、ミネラル栽培を販売先様へもっとアピールできるような形を模索しています。

投稿者:MITSU

コープ九州産直産地二次点検実施

投稿日時:2017年10月18日 13:30 水曜日
先週コープ九州よりバイヤー、理事さん、商品政策担当、の3名がお越しになり
産直産地での交流と生協GAP2次点検確認を行いました。

【美瑛馬鈴薯出荷グループ】
今年の点検対象生産者は斉藤幸一さんでした。
▼(左)斉藤幸一さん 7月の産直点検での指摘事項改善がされていることを確認しました。

















コープ九州様では1月から【はるか】の企画があります。
品種の違いを実感してもらうために
フライドポテトにしてはるか、キタアカリ、男爵の食べくらべを行いました。









【オホーツク玉葱出荷グループ】
今年の点検対象生産者は佐藤玲央奈さんでした。

▼(右から二番目)佐藤玲央奈さん 

















改善要請された項目、それが実際改善されているか現物を確認しました。


















美幌にあるタマネギ倉庫、選果場も訪問していただきました。

















美瑛のじゃがいも、オホーツクの玉ねぎもこれからまだまだ販売が続きます!

投稿者:mitsu
前の月
2018年 04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30