1. ホーム
  2. 産地ブログ

新年のご挨拶

投稿日時:2022年1月6日 10:54 木曜日
新年明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。

昨年を振り返りますと天候の影響を大きく受けた一年でした。
4月から5月は低温・曇天がつづき、農産物にとって重要な肥大期にあたる7月から8月にかけて
高温・干ばつが続き、昨年の平均気温は1898年の統計開始以降過去最高のものとなり、
北海道の農作物は多大な影響を受けました。

ここ数年、これまでに経験したことのない「異常気象」が続き、それが当たり前になりつつあり、
業界全体として出荷数量・品質、価格の不安定化に繋がっております。
弊社としてはその対策として、各生産地への土づくりに向けた「ミネラル肥料(ソイルバランス)」の利用や、GAPの取り組みを推進、そして生産者に向けた異常気象の対策及び栽培技術の向上と安定生産を目的とした学習会を積極的に行ってまいります。
何より、各産地・生産者との連携・協力を更に密にして、安心安全な信頼できる農産物の安定した生産・販売をできるようより一層進めていきます。

今年も、引き続き農業を取り巻く環境は楽観できない状況が続くのではという予測もございますが、従業員力を合わせて信頼にお応えできるよう努めてまいりますので、
本年もこれまで同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

また、本年が皆さまにとって明るい年となりますことをご祈念申し上げ、
新年のごあいさつといたします。

 株式会社 エプロン
 代表取締役 前田 政快



投稿者:tomo

土づくり学習会&農薬検討会開催のご報告

投稿日時:2021年12月28日 9:10 火曜日
この度、全道の玉葱の若手生産者を中心とした約50名に、
各地区(北見・十勝・岩見沢・栗山)で肥料講習会を開催致しました。

▼12/22栗山での学習会の様子(他の地域の様子はこちら)


















昨年に続き、今年の平均気温も1898年の統計開始以降過去最高になるなど昨今の温暖化、
そして長雨、ゲリラ豪雨、大干ばつが当たり前に毎年ある傾向となってきています。
今年は玉葱のみならず多くの農産物が高温と干ばつの影響を大きく受けました。

今後、このような異常気象を耐え抜くための対策及び栽培技術の向上、そして安定生産を目的として、今回「土づくりのヒント」として生産者に向け情報を発信させていただきました。

今回はロイヤルインダストリーズ株式会社 札幌支社長 飯田様に「温暖化気候での玉葱栽培研修会」の講師をしていただいたのですが、
その地区の特長や問題点をピックアップしてわかりやすく講義してくださりました。

また、岩見沢と栗山では弊社商品管理室より「農薬検討会」も同時に開催いたしました。

▼12/22 栗山での農薬検討会の様子


















海外では規制がかかっていますが日本ではまだ規制がかかっておらず、
今後規制のかかりそうな農薬のことや、新しく使われ出した農薬の注意点などを説明させていただきました。

以前のブログにも掲載していますが、今回の勉強会では若手中心のメンバーが集まったことで、生産者からも積極的な質疑があり、大変有意義な時間となりました。

今後も、肥料の情報だけでなく、親の代から、子の代へ引き続ぐ際、エプロンからも様々な情報発信する形で生産者の方に少しでもプラスになればと考えています。

***

弊社は明日29日が仕事納め、本日が年内最後の産地ブログです。
一年間、ご愛顧いただきありがとうございました。
皆さま良いお年をお迎えください!

投稿者:tomo

新年のご挨拶

投稿日時:2019年1月4日 15:47 金曜日
あけましておめでとうございます。

皆さまにおかれましてはつつがなく新年をお迎えのことと謹んでお慶び申し上げます。また、日頃よりご厚情を賜っております関係各位に、心より感謝申し上げます。

 昨年を振り返りますと、集中豪雨、地震、台風などに災害が非常に多い年でした。多くの方々が被災されたほか、農業関連施設にも多大な被害が生じました。被害に遭われた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
 北海道の野菜の動向を振り返りますと、春は順調に作業が進んだものの、6月長雨・低温の後、7月下旬干ばつ、8月上旬の多雨など、玉葱をはじめとした農作物にとって恵まれた天候とはいえませんでした。

 気候変動は顕著に表れており、今年も厳しい天候条件になることが予想されます。そのような状況下においても、お取引先様に頼りにしていただけるよう、エプロン社員各々がスキルアップに励み、会社として成長し、ご期待に沿えるように、より一層の努力をいたす所存です。

 2018年には株式会社エプロンとしてJGAP団体認証(11農場、品目:たまねぎ)を取得いたしました。JGAPは信頼できる農場の目印、食の安全や環境保全への取り組みを第三者機関の審査により確認された認証です。今後も継続してGAPの取り組みを進めてまいります。

 野菜を育てる生産者、販売する小売業者、購入される消費者を様々な形でつなぎ、三方笑顔になれるよう、これからもチャレンジを続けてまいります。
 本年もより一層のご支援、お引き立てを賜わりますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 皆さまにとって希望に満ちた年となりますことをご祈念申し上げて、新年のご挨拶といたします。


 株式会社 エプロン
 代表取締役 前田 政快


投稿者:

九州で試食会実施しました!

投稿日時:2018年12月21日 13:7 金曜日
12月17日(月)福岡県・エフコープ店舗で
美瑛馬鈴薯出荷グループの試食販売会を行いました。
美瑛から外山明美さん、寺島友香さん、大西幹奈子さんの3名が
おすすめのレシピの試食で、美瑛のじゃがいもをピーアールしました。

▼試食販売をお手伝いいただいたエフコープの理事さんと美瑛の3名

















▼一緒に試食してもらう料理の準備
















▼今回紹介した食べ方はレシピも作って持っていきました。
(⇒レシピページはこちら















毎日料理をする方が悩む献立に役立ててもらえるよう、レシピを配布したところ
興味持っていただき、実際食べてもらうとどれも美味しいと大好評!

 美瑛馬鈴薯出荷グループではおなじみのはるかの「シャキシャキサラダ(左)」と
 北海道の定番キタアカリの「いももち(右)」と「ジャガバタ―」を試食提供しました。
とくに「いももち」は九州ではなじみがないようで、人気がありました。










この日は2店舗で試食販売を実施しました。美瑛の3人はそろいのハッピを着て


















店頭でお客様の話を聞くと、キタアカリの人気・認知度がとても高かったです。
普段店頭でキタアカリを販売していないので、
「探していた」「いつも売っているのか」などの声も有りました。
はるかはまだメジャーな品種ではありませんが、芽が浅く調理がしやすいことや
試食をいただいて購入いただける方が多く、あっという間に残りわずかになりました。

















美瑛の馬鈴薯を楽しみにしてくれている組合員さんもおり、励みになったと生産者の皆さん。
もっと多くの人に美瑛のじゃがいもを食べていただきたいです!

投稿者:mitsu

産直大会に参加しました!

投稿日時:2018年2月20日 13:28 火曜日
先週、2つの産直大会にエプロン産直産地が参加しました。

『ならコープ産直大会』 2月13,14日
エプロンの産直産地は
矢澤農園(丸巳)、得地農場、ひぜん産直の会、
そして、大牧農場
が新規で追加、4産地になりました。
今回は、ひぜん産直の会から川崎直樹さんがエプロン進藤と一緒に参加しました。













交流会では、産直産地での、農業規範(生協GAP)点検について
職員の皆さんによる寸劇での報告ありました。
いつも点検にいらっしゃる沼澤さん(中央)も出演されてました。















『エフコープ産直大会』 2月17日
エプロンの産直産地は
オホーツク玉葱出荷グループ、美瑛馬鈴薯出荷グループ、JA十勝池田町
の3産地です。
今回は、美瑛馬鈴薯出荷グループから外山明美さんと斉藤幸一さんが
エプロン進藤と一緒に参加しました。

▼基調講演の後産直産地のリレートーク(7産地)













交流会では他の産直産地、生協理事、組合員の皆さんに対し、
産地の紹介、ピーアールを行いました。













美瑛馬鈴薯出荷グループ外山明美さんと斉藤幸一さんがインタビューを受けました!
後日エフコープホームページで紹介されます。













ならコープ、エフコープとも
組合員さんからも、いつも食べている産直野菜の感想を直接いただき、
また、励ましの言葉も頂戴しました。
消費者と産地の距離の近さ、密接な関係を改めて実感する会でした!

投稿者:MITSU