1. ホーム
  2. 産地ブログ

レンジde簡単!本格トマトリゾット

投稿日時:2018年8月24日 10:55 金曜日
今回は、サンプルとして頂いたキットを使用したレシピのご紹介です。
























レンジで2分、本格トマト料理ができる、
シシリアンルージュ(トマト)と無添加オイルソースがセットになったキット
です。

※シシリアンルージュとは・・・
調理・加工用トマトの傑作(中玉)。ピンク系大玉トマトに比べて機能性成分リコピンが約8倍、旨み成分グルタミン酸が約3倍も多く含まれている(女子栄養大学調べ)。
塩とオリーブオイルで炒めるだけで美味しい。

(http://p-e-s.co.jp/sicilian-rouge/tomato_sr.htmlより引用)


では早速調理スタート!

レシピをみると、こう書いてあります。

step①シシリアンルージュを洗う
step②ご飯をお茶碗に半分入れ、付属の無添加オイルソースをいれ、
ふたをして800Wで2分



家にあった冷凍ご飯の他に、残っていた玉葱をアレンジで用意しました。

















キットの付属は写真左のシシリアンルージュと無添加オイルソース。
写真右は家にあった冷凍ご飯と玉葱半分。


レシピ通りにシシリアンルージュを洗ってから、
容器にトマトとご飯を、そしてアレンジで刻み玉葱を入れてから、
全体にオイルソースをかけました。

アレンジの玉葱を入れたため、容器の容量がいっぱいに・・・。
とりあえずレンジで加熱。
するとこうなりました。












トマトが加熱により皮が割れ、湯気出ており
良い香りと、オリーブオイルの上品な香りがします!


step③ お好みでチーズ、ブラックペッパーを適量かけるとさらにコクが増します。
容器がいっぱいで、このままではチーズが入れられないので、
一回り大きい別の容器に移しました。

そこで、レシピ通りにチーズと、ブラックペッパーをかけ、混ぜ合わせました。
最後に彩りで乾燥パセリを上にちらします。

そして濃厚トマトリゾットが完成しました!!

















この間、用意から完成までたったの10分。

肝心なお味は・・・
加熱しても消えないトマトの強い味、香りを引き立たせる無添加のオイルソースのおかげで、
冷蔵庫の残りものを加えただけで簡単にささっと本格的なリゾットが作ることができました。

ご飯の量にもよりますが、今回は大体1人前分より少し少ないぐらいの量ができました。


また、脂溶性のリコピンは加熱とオリーブオイルによってその吸収力はおよそ2~3倍になるそうです!

忙しい日にも身体にも嬉しい時短メニューですね。

リゾットのほかにもヘルシースープや焼きトマトもオススメだそうです。
アレンジ料理は無限大ですね!


気になる方はお気軽にお問い合わせをお願いいたします。

投稿者:前田

新たまねぎの食べ方、レシピ追加しました!

投稿日時:2016年5月17日 11:28 火曜日
先日のブログでも紹介した通り、佐賀の玉ねぎの状況、作柄は芳しくありません。
特に中晩生以降の品種については、収量も例年を大きく下回り、小玉傾向になりそうです。

そのような状況ではありますが、
小玉の玉ねぎでも、十分美味しくいただけます。特にお漬物には、使いやすいですよ!
今回もエプロン水谷のレシピをご紹介したいと思います。

まずは、小玉におすすめの漬物を2品
\NEW/新たまねぎのみそ漬け

















これは輪切りにした、玉ねぎを味噌(玉葱の1.5倍の量)と合わせて3日間おいておくだけ
という超簡単レシピです。(→詳しいレシピはこちら

\NEW/新たまねぎの甘酢漬け
















 
 さっぱりしておいしい漬物。
 ピクルス感覚で洋風の料理や
 サンドイッチなどに利用しても◎
 これも甘酢液さえ作ってしまえば漬けるだけ。
 小玉の玉ねぎを皮をむいて
 丸ごと漬けるのがおすすめです。
 (→詳しいレシピはこちら





気温が上がったり下がったりで体調を崩しやすい春~初夏にかけておすすめなのが
▼このスープ。
漬物に比べるとやや手間がかかるように感じますが、実際は“煮こむだけ”です。

\NEW/鶏肉ときのこと、新玉ねぎの中華滋養スープ















新玉ねぎやマイタケの効果で鶏肉がとっても柔らかくなっています。
玉ねぎのすり下ろしでとろみがついて
参鶏湯みたいに滋養満点のスープです!
(→詳しいレシピはこちら

写真だけではどれも地味なのですが…、どれもエプロン料理長水谷が太鼓判を押す
美味しい玉ねぎメニューです。
これからもどんどん紹介しますので、お好みの料理にチャレンジしてみてくださいね!

投稿者:MITSU

たまねぎの食べ方、レシピ公開しています。

投稿日時:2016年4月25日 11:53 月曜日
中食、加工品などの簡便・即食が好まれ、青果需要が減っている昨今。
エプロンでは野菜の消費をもっと拡大したい!ということで・・・

美味しくて、素材の美味しさを存分に楽しめる(そして作りかたも難しくない!)
をプロの料理人水谷が作るレシピをホームページ上で公開しています!
エプロンレシピ
エプロンの代表取扱い野菜である『たまねぎ』のレシピに力を入れていきたいと考えています。

まずは、今が旬の新玉ねぎを使ったレシピ・・・
\NEW/新たまねぎとモチのグラタン
もちもちと新玉ねぎの甘みが絶妙のコンビネーションです。

レシピを作ったエプロン水谷のコメント
「貯蔵たまねぎの場合は、じっくり炒めてうま味をだし、ジャガイモを主役にしたほうがおいしいですが。こちらは新玉ねぎだからこそ、たまねぎが主役になるグラタンです」



















やっぱり、生たまねぎが好きという方には・・・
○新たまねぎのマリネ風万能ドレッシング
以前に紹介したレシピですが、名前の通り“万能”でサラダやトマト、冷奴、何でもあうんですよ!


















旬のカツオのたたきと合わせても最高です。



















もう間もなく、北海道産の平成27年産玉葱出荷は終了いたしますが、
たまねぎ生産第一位『北海道産』貯蔵もの玉ねぎを使ったレシピも紹介しています!
\NEW/手羽元と玉葱の煮もの
手羽元の下ごしらえと、煮る前に焼くことが美味しさのポイント。
ご飯に合いすぎる一品。
こちらは、逆に新玉ねぎだと柔らかくなりすぎてしまいますが、
貯蔵もの、北海道産のたまねぎがコクと甘みが増すのでおすすめです。

















たまねぎレシピ、詳しい作りかたは
こちら⇒http://www.apron-co.jp/recipe/index.html
新玉ねぎ⇒http://www.apron-co.jp/recipe2/index.html

抗酸化力、解毒力、免疫力を高める機能がある、
機能性成分(ケルセチン、硫化アリル、グルタチオンなど)をたくさん含むたまねぎを
たっぷりお召し上がりください!

投稿者:MITSU

新玉葱とトマトののサラダ 〈レシピ〉

投稿日時:2015年3月10日 10:23 火曜日
長崎産 新玉葱も2月下旬から出荷が始まり、
食卓も春らしいメニューへと変わっていく頃だと思います。

















今の新玉葱、ほんとに辛みがなくって柔らかくて生で食べるのにぴったりなので、
エプロン水谷が作る「新玉葱とトマトのサラダ」のレシピをご紹介します。
ポイントは味噌ドレッシングです。

















【材料】
 新玉葱・・・1玉(スライス)
 トマト・・・1玉(角切り)
 アボカド・・1玉(角切り)
 キュウリ・・1本(スライス)
〈ドレッシング〉
 オリーブオイル・・50cc
 めんつゆ・・・・・40cc
 みそ・・・・・・・ひとつまみ

【作り方】
1、各材料を、それぞれカットしてドレッシングを絡めて完成。
 野菜はお好みで代えてOKです。

【ポイント】
ドレッシングを作る時は、めんつゆに味噌をほぐし溶き、
オリーブオイルを後から入れてとろみをつけます!

新玉葱のシャキシャキの歯ごたえと風味が、和風のドレッシングと良く会います。
是非お試しください!

投稿者:MITSU

旬の三つ葉レシピ

投稿日時:2014年12月26日 10:47 金曜日
今年も残すところあとわずか。
東川町の丸巳(矢澤農園)の年末は、軟白三ツ葉で大忙しです。
沢山の人がフル稼働

















栄養面でもビタミンAやカリウムが豊富な三ツ葉。栽培は6月から始まり、ようやく収穫です。

















やっぱり、お正月の茶わん蒸しやお雑煮には欠かせない野菜です。
でもそれしか使わないなんてもったいないですよ!!

おせちに飽きたころおすすめの三つ葉食べ方をご紹介します。
「年末に買った三ツ葉が余ったわ」という方もお試しください。

エプロンの料理人、水谷のレシピです。

三つ葉イカのソテー

















【材料 約2人前】
三ツ葉    …1束  (適当な長さでカット)
イカ     …1パイ
トマト    …1/2個  (大きめのサイの目切り)
ニンニク   …1片   (みじん切り)
バター    …10g
オリーブオイル…20cc
アンチョビ  …少々(1/2フィレ)
醤油     …10cc

















【作り方】
1、イカは内臓を取り、適当な大きさにカットしてザルに入れ
  熱湯を上からかけて臭みを抜く(湯引き)★ここがポイント
2、フライパンオリーブオイル、にんにく(みじん切り)を入れてから弱火にかける。
 にんにくが薄く色づいてきたら、アンチョビを入れてとかす。
3、1のイカとトマトを入れて強火で炒め、イカの色が赤くなってきたら
  火を止めて、バター、醤油、三ツ葉を入れてからめて完成。

お正月もワイン派の方にはとってもおすすめです。
三つ葉の香りとイカの食感がポイントです。ゴハンにもあいますよ~

*************************************
今日は大雪警報が出ている札幌ですが、エプロンの忘年会です。
一年の労をねぎらいたいと思います。

今年のブログもこれで最終でございます。
皆さま良いお年をお迎えください!

投稿者:MITSU
前の月
2018年 11月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30