1. ホーム
  2. 産地紹介
  3. タスクファーム

タスクファーム(北海道 十勝)

代表 藤田 匡
所在地 新得町屈足
栽培品目 南瓜(特別栽培)・小玉スイカ

産地の概要

タスクファームのある新得町屈足は、トムラウシ山の麓に位置し、十勝の中でも冷涼で寒暖差の強い地域です。
また、降水量も多い地域のため、タスクファームでは生育期間中の豪雨対策として高畝で栽培をしています。

タスクファームが大事にしているのは自然の持つ力。
化学肥料と化学農薬をできる限り削減し、特別栽培を行っています。

ライ麦による暴風・低温対策

畝が高いため風の影響を受けやすく、発芽直後に強風を受けると枯れてしまうこともあります。

そこで、タスクファームでは南瓜の左右にライ麦を植えることで、「防風対策」ができ、
またライ麦で囲われていることで低温時には「低温対策」にもなります。

7月中頃、南瓜のつるが伸び、ライ麦まで到達する頃には、ライ麦は150cmほどの草丈まで成長しています。
このタイミングで刈り倒す事で、敷き藁として南瓜を守る「防傷効果」が得られ、
収穫後は圃場へすきこむため「緑肥効果」が得られます。

南瓜の左右に植えられたライ麦

こだわりの南瓜

南瓜の未熟果対策として、一斉に収穫をしません。
収穫中に南瓜の状態を確認し、まだ小さいものはまた後日畑に入り収穫する形をとっており、
とても手間がかかる作業ですが、タスクファームの食味への熱いこだわりです。

この取り組みこそが、タスクファームこだわりのかぼちゃの甘みや身のホクホクさをより引き出しています。

南瓜の貯蔵施設も、断熱材はしっかり入れていますが、気温が低くなるまでは扉を開けて自然の風を取り入れ風乾を行っています。

畑になる南瓜

世にも珍しいスイカの自販機

また、ユニークな取り組みにも力を入れています。
スイカ好きが高じて十勝では栽培が大変難しい露地スイカ、その名も「水がわり」(独自ブランド)を栽培しており、なんとそのスイカを販売する自動販売機を作りました!大変珍しく、随所で話題になりました。
スイカの他に、オリジナルCDの販売もしています。

期間限定のスイカの自販機

様々なところで光る藤田さんのセンス

またギフト用の段ボールはラジカセのイラストも。遊び心と情熱を併せ持つ藤田社長です。

ギフト用段ボール