1. ホーム
  2. 産地紹介
  3. 空知高糖度トマト組合

空知高糖度トマト組合(北海道 空知)

左:清野さん 右:五十嵐さん

代表  
所在地 清野さん(新十津川町)・五十嵐さん(美唄市)
栽培品目 フルーツトマト
メンバー数 2名

産地の概要

新十津川町の清野さん、美唄市の五十嵐さん。
「空知高糖度トマト組合」として、こだわりのフルーツトマトを作っています。

肥料も最小限、水も制限することで厳しい環境を作り、生育日数は普通の栽培に比べ約3週間ほど多くかかりますが、
大事に手間をかけることでその分、味の濃厚なトマトが育ちます。

収穫後は、ひとつひとつ必ず糖度センサーで糖度を計り、糖度に応じて各等級ごとのフルーツトマトに振り分けて出荷しています。

お二人の作るフルーツトマトは、甘味・酸味・旨味のバランスが良く、各販売先で大変人気です。

商品紹介はこちら

フルーツトマト

空知高糖度トマト組合発足までのお話。

実は今の代表の、清野さん・五十嵐さんのそれぞれのお父様がフルーツトマト作りをスタートさせたのが
「空知高糖度トマト組合」の始まりでした。

清野さんと五十嵐さんのお父様は同級生同士で、元々はお米の農家でした。
清野さんのお父様はトマトを取り扱う会社の社長と知り合いだったこともあり、
フルーツトマト作りに興味をもち、実際に栽培を始めることにしました。

しかし、今から30年前当時の北海道にはフルーツトマト栽培をしているところがなくノウハウを学べず、静岡県の生産者の方の栽培指導を受けることにしました。
栽培指導といっても、静岡とは北海道ではまるで気候が違うため、3年ぐらいはものにならず、長年かけ試行錯誤を経てフルーツトマト栽培を軌道に乗せていきました。
清野さんのお父様は北海道のフルーツトマトの先駆者ともいえます。
その後五十嵐さんのお父様も栽培に興味を持ち、フルーツトマト作りを始められたそうです。

これが空知高糖度トマト組合発足のお話でした。

息子さんの代になっても、おいしくなるよう、日々試行錯誤を重ね一生懸命作っています。

清野さんと五十嵐さん

それぞれの熱いこだわり

新十津川町は傾斜地で水がたまらず水はけがよい土地のため、
清野さんでは、気候風土を生かしたトマトの栽培を行っています。

五十嵐さんでは、ハウス9棟の下をまるまる防水シートで覆っており、ハウス内に余分な水が入らないよう、水分調整を工夫をしています。
20年以上、水と肥料の与え方の試行錯誤を重ね、糖度が高いトマトを安定して生産できるよう取り組んでいます。

トマトの状態を確認する五十嵐さん