1. ホーム
  2. 産地紹介
  3. 肥後農産出荷組合

肥後農産出荷組合(熊本県)

(上)代表の宮本社長、(下)ミニトマト生産者の皆吉さん

代表 宮本洋一郎
所在地 熊本益城町
栽培品目 ミニトマト(特別栽培)・人参(特別栽培) 他

産地の概要

火の国熊本・阿蘇山麓に位置する肥後農産は、こだわりの野菜を作っている出荷組合です。
ミニトマト、人参共に特別栽培に取り組んでおり、複数品種を栽培して品質と供給量の安定を図っています。

人参の圃場

品質、味重視のこだわりのミニトマト

ミニトマトは7軒の生産者部会です。
部会にて栽培技術情報を共有して、より安心安全でより美味しく、安定収穫できるよう努力しています。

温暖な気候の干拓地を中心に作付けしています。

<品種:小鈴・千果 他>
<出荷時期:10月~6月頃>

ミニトマト生産者の三原さん

人参の生産者は若手中心でやる気があふれています

人参は6軒の生産者部会です。

人参生産者は、全員後継者にバトンタッチしており、30歳代と若くやる気十分で栽培しています。

また、水はけがよく根物の栽培に適している水田の近くに圃場を構えており、また、水田は夏の間水を張るので土壌害虫の発生が少ないのが特徴です。

<品種:アロマレッド、オランジェ、β731 他>
<出荷時期:11月~6月頃>

人参の生産者の相馬さん親子

味も色も濃い、肥後人参!

肥後人参とは元々、学校給食用に栄養価の高いにんじんを作ろうと開発された人参です。
糖度も高く、芯の部分まで色鮮やかな濃い色が特徴の人参です。
生でも食べられますし、加熱しても甘みがあるのが特徴です。
寒さにより更に糖度が高くなる"1月中旬から2月"にかけてが特においしい、こだわりの特別栽培人参です。

カットした肥後人参、色が濃い