1. ホーム
  2. 産地紹介
  3. 八街産直会

八街産直会(千葉県)

代表 斉藤照夫(さいとう てるお)
所在地 千葉県
栽培品目 里芋(土垂、石川早生、セレベス、八つ頭等)
落花生(半立種) 他
栽培面積 畑:約370ha
田:約 45ha
メンバー数 113名

産地の概要

八街産直会は、千葉県の八街市を中心に、6市2町の仲間が集まった広域に及ぶ特色ある産地です。

八街市は、近年急速に住宅が増えてきた畑作中心の生産地域で、日本の表玄関「成田」に近く、千葉県北部のほぼ中央に位置しています。

八街産直会は、生鮮野菜の産地直送を通して、顔の見える農業をめざしています。

各生協さんや量販店、外食関係業務等の需要に応え、およそ30数品目の作物を栽培しています。

農産物を栽培する場合、病害虫の防除は避けられない作業です。その中で可能な限り、使用量を減らした体系で取り組むように努力しています。

(加工場の様子)