1. ホーム
  2. 安心・安全への取り組み
  3. 特別栽培 - 特別栽培農産物

栽培履歴

特別栽培をはじめ、野菜別に代表生産者と確認者の情報、肥料・農薬の使用履歴を公開しています。

栽培履歴を確認したい野菜を選択

特別栽培農産物(農林水産省新ガイドラインによる表示)

平成29年産玉ねぎ«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.7)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 13 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.6 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野俊一
住所 岩見沢市稔町(代表者)
連絡先 0126-22-6469
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アイオキシニル 除草 1回
フルアジナム 殺菌 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
イミダクロプリド 殺虫 1回
プロチオホス 殺虫 1回
シペルメトリン 殺虫 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
アセタミプリド 殺虫 1回
ピリベンカルブ 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
プロシミドン 殺菌 1回
クレトジム 除草 1回
ボスカリド 殺菌 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量

平成29年産玉ねぎ«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.1)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 13 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.6 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野俊一
住所 北海道岩見沢市稔町(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤 慎一郎
住所 北海道札幌市二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アイオキシニル 除草 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
プロチオホス 殺虫 2回
ペンチオピラド 殺菌 1回
オキソリニック酸 殺菌 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 2回
フルアジナム 殺菌 2回
イミノクタジン酢酸塩 殺菌 1回
◆ポリオキシン 殺菌 1回
アセタミプリド 殺虫 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9.6kg/10a

平成29年産玉ねぎ«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.12)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 14 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野俊一
住所 岩見沢市稔町(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
イソキサチオン 殺虫 1回
フルアジナム 殺菌 2回
◆ストレプトマイシン 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
イミノクタジン酢酸塩 殺菌 1回
◆ポリオキシン 殺菌 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
アイオキシニル 除草 1回
クレトジム 除草 1回
ペンディメタリン 除草 1回
メタラキシルM 殺菌 1回
マンゼブ 殺菌 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
チオシクラム 殺虫 1回
チラウム 種子粉衣 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.15)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 12 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 10 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アセタミプリド 殺虫 1回
ペンディメタリン 除草 1回
フルアジナム 殺菌 2回
プロチオホス 殺虫 1回
ジメテナミドP 除草 1回
シハロトリン 殺虫 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
プロシミドン 殺菌 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
イミノクタジン酢酸塩 殺菌 1回
◆ポリオキシン 殺菌 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 10kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.9)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 12 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.2 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
イソキサチオン 殺虫 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
アイオキシニル 除草 1回
ペンディメタリン 除草 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
ピリフルキナゾン 殺菌 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 1回
ペンチオピラド 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
イミノクタジン酢酸塩 殺菌 1回
◆ポリオキシン 殺菌 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9.2kg/10a

玉 葱(平成29年産)«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 玉葱 (No.19)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 14 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.8 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 (株)エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
フルアジナム 殺菌 2回
プロチオホス 殺虫 2回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
アイオキシニル 除草 2回
テブコナゾール 殺菌 2回
ボスカリド 殺菌 1回
チオシクラム 殺虫 1回
チオファネートメチル 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9.8kg/10a
----- 早生 -----

平成29年産玉ねぎ«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.27)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 14 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.7 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野俊一
住所 岩見沢市稔町(代表者)
連絡先 0126-22-6469
確認責任者 (株)エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
フルアジナム 殺菌 2回
オキソリニック酸 殺菌 1回
シハロトリン 殺虫 1回
プロチオホス 殺虫 2回
マンゼブ 殺菌 1回
チオファネートメチル 殺菌 1回
アイオキシニル 除草 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 2回
チオシクラム 殺虫 1回
チウラム 種子消毒 1回
ダイアジノン 殺虫 1回
◆オキシテトラサイクリン 殺菌 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9.7kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.25)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 14 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.8 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
スピネトラム 殺虫 1回
チオシクラム 殺虫 1回
TPN 殺菌 1回
オキソリニック酸 殺菌 1回
マンゼブ 殺菌 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
アイオキシニル 除草 1回
シペルメトリン 殺虫 1回
チラウム 種子粉衣 1回
クレトジム 除草 1回
イミノクタジンアルベシル酸塩 殺菌 1回
クロルピリホス 殺虫 1回
ピリフルキナゾン 殺虫 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9.8kg/10a

平成29年産玉ねぎ«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.11)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 10 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.5 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市稔町(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤 慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アイオキシニル 除草 1回
フルアジナム 殺菌 2回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 3回
シペルメトリン 殺虫 1回
クレトジム 除草 1回
プロチオホス 殺虫 1回
ピリベンカルブ 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
ピリフルキナゾン 殺虫 1回
ピコキシストロビン 殺菌 1回
チラウム 種子粉衣 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
シペルメトリン 殺虫 1回
チオファネートメチル 殺菌 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 玉葱(No.14)
節減対象農薬 北海道産地域比   5 割減  (使用回数 12 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.5 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
アイオキシニル 除草 1回
クレトジム 除草 1回
フルアジナム 殺菌 2回
プロチオホス 殺虫 1回
ピリベンカルブ 殺菌 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
ジメテナミドP 除草 1回
イソキサチオン 殺虫 1回
◆ポリオキシン 殺菌 1回
イミノクタジン酢酸塩 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
有機入ペレットS079 元肥 4.5kg/10a
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。   0kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 玉葱 (No.2)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 9 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 10 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
フルアジナム 殺菌 2回
プロチオホス 殺虫 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
クレトジム 除草 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
有機入ペレットS079 元肥 10kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(N0.17)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 9 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 7.28 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤 慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
ピコキシストロビン 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 1回
◆オキシテトラサイクリン 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
ピリダリル 殺虫 1回
ピリベンカルブ 殺菌 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
シハロトリン 殺虫 1回
キザロホップエチル 除草 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 7.28kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.10)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 11 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 7.68 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤 慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
プロチオホス 殺虫 1回
アイオキシニル 除草 1回
クレトジム 除草 1回
フルアジナム 殺菌 1回
アセタミプリド 殺虫 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
オキソリニック酸 殺菌 1回
チオシクラム 殺虫 1回
スピネトラム 殺虫 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
チラウム 種子粉衣 1回
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
エコフレッシュS047 元肥 7.68kg/10a
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。   0kg/10a
----- 中、晩生 -----

平成29年産玉ねぎ«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.4)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 13 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 10 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野俊一
住所 岩見沢市稔町(代表者)
連絡先 0126-22-6469
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アセタミプリド 殺虫 1回
フルアジナム 殺菌 1回
アイオキシニル 除草 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
イミノクタジン酢酸塩 殺菌 1回
◆ポリオキシン 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
チオファネートメチル 殺菌 1回
プロチオホス 殺虫 2回
◆ストレプトマイシン 殺菌 1回
プロシミドン 殺菌 1回
ペンディメタリン 除草 1回
イソキサチオン 殺虫 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 10kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.24)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 4 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.6 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤 慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
アイオキシニル 除草 1回
フルアジナム 殺菌 1回
プロチオホス 殺虫 1回
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
アタックS270 元肥 9.6kg/10a
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。   0kg/10a

平成29年産玉葱«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ (No.30)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 15 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.8 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
アイオキシニル 除草 1回
イソキサチオン 殺虫 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
プロチオホス 殺虫 1回
フルアジナム 殺菌 2回
オキソリニック酸 殺菌 1回
ボスカリド 殺菌 1回
イミダクロプリド 殺虫 1回
スピネトラム 殺虫 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
イミノクタジン酢酸塩 殺菌 1回
◆ポリオキシン 殺菌 1回
チオシクラム 殺虫 1回
クレトジム 除草 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9.8kg/10a

玉葱(平成29年産)«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 玉葱(No.22)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 13 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 9.6 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 伊藤 慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アイオキシニル 除草 1回
ペンディメタリン 除草 1回
プロチオホス 殺虫 1回
スピネトラム 殺虫 1回
チオシクラム 殺虫 1回
ピリダリル 殺虫 1回
イミノクタジンアルベシル酸塩 殺菌 1回
オキソリニック酸 殺菌 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
クレソキシムメチル 殺菌 1回
アゾキシストロビン 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
◆オキシテトラサイクリン 殺菌 1回
◆ストレプトマイシン 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
◆化学合成を行っていない有効成分は使用回数にカウントしません。
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 9.6kg/10a

平成29年産玉ねぎ«南空知玉葱出荷グループ»

特別栽培農産物 たまねぎ(No.21)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 9 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 10 kg)
栽培責任者 南空知玉葱出荷グループ 代表:坂野 俊一
住所 北海道岩見沢市稔町(代表者)
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 (株)エプロン  伊藤慎一郎
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
フルアジナム 殺菌 1回
プロチオホス 殺虫 1回
チオシクラム 殺虫 1回
■水酸化第二銅 殺菌 1回
スピネトラム 殺虫 1回
アセタミプリド 殺虫 1回
テブコナゾール 殺菌 1回
ボスカリド 殺菌 1回
アイオキシニル 除草 1回
■銅剤はカウント対象外です(有機JAS規格別表2)
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。 元肥 10kg/10a