1. ホーム
  2. 会社案内- 会社沿革

会社沿革

弊社の「安全、安心」に関する取り組みと歴史

平成12年度 (株)エプロン設立。資本金1500万円
平成13年度 仙台営業所を開設
コープネット、みやぎ生協との取引を開始。

トレサビリティーシステム確立にむけ、栽培履歴の管理・産地指導等を、専門の職務とした課を設置。

安心安全な野菜作りをテーマに、環境保全に配慮した農業への取り組みを、生産者とともに開始。
化学肥料・農薬の使用を慣行基準の半分以下に抑えた、「特別栽培」農産物の生産、指導を開始。
平成14年度

大阪いずみ市民生協、ひろしま生協、ジーピーエス、ヨークベニマルと取引を開始。

「安全安心」をテーマとした商品の販売を、根物を中心に本格的に開始。
日生協の産直交流会へ参加。(以降、毎年生産者とともに参加)

第3期の年商が10億円を突破。

平成15年度 ユーコープ事業連合、コープ北陸、コープあおもり、コープしこくとの取引を開始。

第4期の年商が20億円を突破。
平成16年度 コープしが、ならコープとの取引を開始。

特別栽培農産物の生産者が増加。環境保全型農業の導入・拡大を、生産者に積極的に推進。
平成17年度 コープ九州との取引を開始。
㈱ライフフーズに、加工用野菜の販売を開始。

第6期の年商が30億円を突破。
平成19年度

コープこうべと取引を開始。
各道県から認証を受けた、エコ農産物の生産者が増加。

(北海道:オホーツク玉葱出荷グループ、南空知玉葱出荷グループ

 千葉県:相馬野菜生産者グループ 佐賀県:ひぜん産直の会)

平成20年度 栃木営業所を開設
日本トレサビリティ協会への加入・認証にむけた活動を開始。
(第1号として美瑛馬鈴薯出荷グループの外山さんが、認証を取得)

第9期の年商が42億円を突破。

化学肥料・農薬の使用を抑え、土壌改良剤を使用した「三ツ星野菜」の
栽培・出荷を、ヨークベニマルに向けて開始。

平成21年度

第10期の年商が46億円を突破。


平成22年度

第11期の年商が52億円を突破。


第三回トレーサビリティテスト 生鮮食品部門で優良賞を受賞

平成23年度

第12期の年商が64.8億円を突破。

平成24年度

第13期の年商が75.2億円を突破。

平成25年度

第14期の年商が82.3億円を突破。

平成26年度

第15期の年商が95.7億円を突破。

平成27年度

第16期の年商が105億円を突破。

平成28年度

第17期の年商が111億円を突破。